『当たるチラシのヒント』ウェブプレス365日語録

当たるチラシにはルールがある。
毎日30秒で、効果的なチラシの作り方をお届けします。

2017-06-25 09:34:21

集客の基本9

テーマ:集客の基本

キーワード:「収益商品」と「集客商品」 1

チラシにおける集客においては、「収益商品」と「集客商品」の関係により効果が出るものである。

収益商品が地域でダントツ支持されるためには、「1.3の法則」を実施することが重要である。
これは自社の商品力が「量」または「質」で、他社より1.3倍以上勝るようにすることである。

収益商品は店の業績を左右する生命線である。
瞬間的な業績に振り回されるのではなく、最低でも半年、1年間を通して市場に浸透させなくてはならない。

2017-06-24 09:38:55

集客の基本8

テーマ:集客の基本

キーワード:商品戦略を明快にすること8

商品の売り方:④オプション商品

客単価が低くて売れ個数が少ないため、集客もできないし収益も作れない。

ついで買いをしてもらう位置づけになる。

チラシではこれを掲載することで、収益商品の魅力を引き出すことに繋がる。

2017-06-23 09:06:30

集客の基本7

テーマ:集客の基本

キーワード:商品戦略を明快にすること7

商品の売り方:③集客商品

客単価が低くて売れ個数が多いため、収益がつくれないがお客様を集める位置づけ。

チラシでは競合に勝る目玉力がポイントになってくる。

2017-06-22 09:55:17

集客の基本6

テーマ:集客の基本

キーワード:商品戦略を明快にすること6

商品の売り方:②リピート商品

客単価が高くて売れ個数が少ないため、収益を作るのには不安定な単品。

一度買ってくれた顧客に売る。
そのためチラシに掲載してもあまり効果のない商品である。

2017-06-21 09:06:35

集客の基本5

テーマ:集客の基本

キーワード:商品戦略を明快にすること5

商品の売り方:①収益商品

客単価が高くて売れ個数が多い。
自社の収益を作るグループとして、位置づけられる「収益商品」である。

これで売上を作るので、チラシでは競合に勝る商品力を打ち出すことがポイントになってくる。

2017-06-20 09:24:31

集客の基本4

テーマ:集客の基本

キーワード:商品戦略を明快にすること4

看板商品を明確にしたら、次はその特性を考えた売り方を整理する必要がある。

客単価、売れ個数を軸にして、商品特性を整理すると、次の4つのグループに分けることができる。
それにより、商品の売り方も明確になってくる。
①収益商品
②リピート商品
③集客商品
④オプション商品

2017-06-19 09:10:40

集客の基本3

テーマ:集客の基本

キーワード:商品戦略を明快にすること3

看板商品を決める場合、次のことがポイントになってくる。

・実績があって得意な商品
・競合より勝っている商品
・売上全体の30%を占める商品

看板商品を決めると言うことは、その店の商品戦略を決定することと同じなのである。

2017-06-18 09:27:06

集客の基本2

テーマ:集客の基本

キーワード:商品戦略を明快にすること2

まず商品戦略を決めなければならない。

自店が「何を売るべきなのか」「何を中心に売っていくべきなのか」をハッキリさせなくてはならない。
つまり、看板商品(主力部門)を決めるのである。

家具店であれば、ベットを中心に売る、ベットの品揃えで地域一番になるという具合だ。

2017-06-17 09:35:37

集客の基本1

テーマ:集客の基本

キーワード:商品戦略を明快にすること1

当たらないチラシになりやすいのは「何でも揃ってます」という内容だ。

例えば、家具店。
ベット、ソファー、タンス、学習机、様々な商品がある。
「圧倒的な大きな店」であれば、総合店としての魅力はあるが、中途半端な大きさの総合店というのは「家具の万屋」にしか見えない。
それが、そのままチラシに出ると「強者」に包み込まれて、集客することができなくなる。

つまり、チラシというのは競合店の商品力との力関係によって集客効果が変わってくるのだ。