『当たるチラシのヒント』ウェブプレス365日語録

当たるチラシにはルールがある。
毎日30秒で、効果的なチラシの作り方をお届けします。

2016-11-01 09:35:12

チラシはターゲットを明確に20

テーマ:ターゲット

キーワード:キッズをターゲットにするなら3

キッズ向け商売におけるチラシ販促において、葛藤が大切だ。

例えば、学習塾の場合だと、生徒を教えるノウハウは当然あるとして、チラシ作りで大きく差別化できる。

例えば、成績アップを保証するというチラシがあったらどうだろう。

一定期間内に中間・期末試験で60点以下の生徒は20点以上アップ、60点以上の生徒はその科目が80点になることを保証するのである。
もし、その条件をクリアできなければ「1ヶ月間授業料を免除し、無料でトコトン指導させていただきます」と打ち出すのだ。

このように書かれると親は安心するものだ。

2016-10-31 09:39:24

チラシはターゲットを明確に19

テーマ:ターゲット

キーワード:キッズをターゲットにするなら2

親心、とりわけ母親のことを考えてチラシ販促を考える必要がある。

母親の心理はこうだ。
「我が子に対して金の糸目はつけないと思っているが、やはり余裕がない。」

つまりキーワードは葛藤である。

揺れる心をつかむような表現をすることが当たるチラシを作ることへの大前提である。

2016-10-30 09:04:48

チラシはターゲットを明確に18

テーマ:ターゲット

キーワード:キッズをターゲットにするなら1

少子高齢化が進んでいる。
キッズに対するマーケティングも変化が出ている。

キッズを対象にする場合、大切なのは、「親心」の研究をすることである。

決定権者は誰かというと、親、とりわけ母親であることが多いため、チラシ販促でも母親をターゲットにして考えてあげるのが良い。

2016-10-29 09:14:11

チラシはターゲットを明確に17

テーマ:ターゲット

キーワード:ビジネスマンをターゲットにするなら3

ビジネスマン、男性の場合はこだわりが大切だということを前回説明した。

特に男性の場合は、「ロマン」「義理」「人情」「苦節」「地道」「涙」「生死」というキーワードに弱く、それらの共通項は実は「時代劇」なのである。

なぜ年配の人は時代劇が好きかと考えると、時代劇にはそういった要素がたくさん含まれている。

2016-10-28 09:06:44

チラシはターゲットを明確に16

テーマ:ターゲット

キーワード:ビジネスマンをターゲットにするなら2

ビジネスマン、男の購買に関する重点要素とは何か。

それは価格より『価値』に重点を置いているということ。
つまり、品質の部分の打ち出しが重要なのだ。

もちろん、女性も品質に無関心というわけではない。
男性がとりわけ強いということである。
別の言い方をすれば、『こだわり』を重視するといえよう。

理屈的に品質が高いものを好む傾向があるため、男性商品は作り手の声などを多く使い、こだわりを分かりやすく使うことが効果的である。

2016-10-27 09:42:04

チラシはターゲットを明確に15

テーマ:ターゲット

キーワード:ビジネスマンをターゲットにするなら1

ビジネスマン。

不況でボーナスカット、リストラ・・・どうしても自分の消費は後回しになるのが性である。
まずは家庭の必需品、子供のためのもの、奥様のもの、そして最後に主人のものになる。

消費マインドは冷え込んでいるがゆえに、『激安』を連呼してもマインドが低いため、中々火がつかない。
価格訴求でも弱く、もっと本質的な部分に迫らなければならない。

2016-10-26 09:24:11

チラシはターゲットを明確に14

テーマ:ターゲット

キーワード:ヤングをターゲットにするなら『ポスティングチラシ』を使え

ご承知の通り、20代における新聞購読率が激減している。

理由としては、ネットの普及が挙げられる。
ネットではニュースに関してもリアルタイムで見ることができる。

新聞はその意味でタイムラグが発生する。
新聞購読率が下がると当然、折込チラシの閲覧数も減少する。

その代替手段になるのが、ポスティングチラシである。
家庭のポストに直接投函するチラシのことであり、最近注目を浴びている。

2016-10-25 09:53:52

チラシはターゲットを明確に13

テーマ:ターゲット

キーワード:シニアをターゲットにするなら安心感訴求3

シニア世代の『おばちゃん』をターゲットにするならまず大事なのは安心感、続いては『わかりやすさ』である。

シンプルに訴求して、一目でわかるチラシ作りの必要性がクローズアップされてくる。

シニアは複雑なものを嫌う性質があり、よりわかりやすいキャッチコピーが要求されるのである。
文字サイズなどにも最新の気配りが必要になってくる。

2016-10-24 09:38:17

チラシはターゲットを明確に12

テーマ:ターゲット

キーワード:シニアをターゲットにするなら安心感訴求2

シニア世代の『おばちゃん』をターゲットにするならまず大事なのは安心感である。

人間は年を取るに従い、経験も豊富になるが、その分情報が増えて耳年増になる。

ゆえに警戒心も強くなってくるため、不安感も払拭するチラシが必要なのだ。

2016-10-23 09:23:41

チラシはターゲットを明確に11

テーマ:ターゲット

キーワード:シニアをターゲットにするなら安心感訴求1

今の不況の時代、ターゲットとして重要なのはシニアである。

例えば、おばあちゃんに対するマーケティングを考える場合どうだろうか。

平成21年11月時点で、65歳人口は22.8%を占めていた。
更に女性では、25.4%と4分の1が女性であり、おばちゃんに対するマーケティングが要求されてくる。

2016-10-22 09:01:57

チラシはターゲットを明確に10

テーマ:ターゲット

キーワード:女性をターゲットにするなら特別扱い4

女性の感性をくすぐるために、一つは女性限定。
二つ目は、明るいイメージを演出。
三つ目に可愛さを演出することである。

女性は『かわいい』を好む。
ゆえに子供の写真、動物のキャラクター、女性スタッフの笑顔などをちりばめるとそれを演出できる。

2016-10-21 09:49:42

チラシはターゲットを明確に9

テーマ:ターゲット

キーワード:女性をターゲットにするなら特別扱い3

女性の感性をくすぐるために、一つは女性限定。
二つ目は、明るいイメージを演出することである。

まずは色選びから。

まずチラシで一番使われる色は、赤・黄色・オレンジ・ピンクなどの暖色系である。

なぜかというと明るいというイメージを演出できるからである。
これらの色はどちらかというと女性が好む色なのだ。

2016-10-20 09:44:01

チラシはターゲットを明確に8

テーマ:ターゲット

キーワード:女性をターゲットにするなら特別扱い2

女性は感性で生きていることが多い。

そのため、女性限定とすることで特別扱いしてあげる。

『女の子のための軽自動車専門店』などといった業態があり、それほど大胆な戦略が大ヒットしているようだ。
女性限定車両なども誰もが知っていることであるが、やはり女性限定に女性は弱い。

2016-10-19 09:43:49

チラシはターゲットを明確に7

テーマ:ターゲット

キーワード:女性をターゲットにするなら特別扱い1

やはりチラシつくりには女性を呼び込むことが重要であり、常に研究が必要である。

女性を呼び込むために必要なのは感性刺激。
理屈よりも感性で動くケースが多い。つまり、好き嫌いで決定することが多い。

だから写真やキャッチコピーが大切になってくる。

2016-10-18 09:38:30

チラシはターゲットを明確に6

テーマ:ターゲット

キーワード:ファミリーは主婦を狙う3

主婦の好む要素とは、一つ目に賑わいである。
二つ目に、『何かもらえる』ということ。

主婦は家計を預かっているので、コスト意識が高い。
何かを無料でもらえるとなればそれは嬉しい。

ではその何かを選ぶ商品は、『お菓子』『消耗雑貨』『台所用品』が良い。
ただでもらえるなら、欲しいなという商品に主婦は反応するのだ。

2016-10-17 09:33:51

チラシはターゲットを明確に5

テーマ:ターゲット

キーワード:ファミリーは主婦を狙う2

主婦の好む要素とは、一つ目に賑わいである。

世の中、不況期でも初売りやバーゲンなどはすごい人ごみだ。人が人を呼びどんどん人が増えてくる。
いわゆる群集心理である。このような雑踏感を主婦は好む。

これをチラシで演出するのは簡単。
人が集まっているようなイラストや写真を入れればよい。

2016-10-16 09:20:47

チラシはターゲットを明確に4

テーマ:ターゲット

キーワード:ファミリーは主婦を狙う1

世の中に存在する多くの商品はファミリーをターゲットにしている。

いわゆる『ホームユース商品』と言われる商品群だ。

食品、日用雑貨、家具、インテリア、家電製品などが挙げられる。

そのような商品の大半は購買決定権を主婦が握っている。
ゆえに主婦の心を掴まないとチラシでの訴求はできない。

2016-10-15 09:33:28

チラシはターゲットを明確に3

テーマ:ターゲット

キーワード:特定客を絞るとは2

『ウチは客が来ないから、思い切って50代以上をターゲットにしてみよう。雰囲気も落ち着く空間にしよう。』

そうなったとき、チラシではこんな訴求になるのではないか。
『年齢を重ねるほどに得をする割引。100歳100%割引キャンペーン!90歳の人は90%割引、80歳80%割引!70歳70%割引、50歳でも何と半額!』

高齢者ほど得する企画であり、シルバー開拓に役立つ企画になるだろう。

2016-10-14 09:05:19

チラシはターゲットを明確に2

テーマ:ターゲット

キーワード:特定客を絞るとは1

良い商品を扱っているのに、なぜ客が来ないか。
誰しもが陥りそうなことであるが、これは良い商品をあるべき対象に売っていないことが原因であることがしばしばある。

例えば、ある老舗の美容院の例。
『ウチは客が来ないから、思い切って50代以上をターゲットにしてみよう。雰囲気も落ち着く空間にしよう。』

それをチラシで演出するだけで、そのターゲットに特別感を与えることができる。

2016-10-13 09:01:10

チラシはターゲットを明確に1

テーマ:ターゲット

キーワード:誰に何を売るのかを決めろ

マーケティングの基本は誰に何を売るのかを決めることである。

モノ余りかつ不況の時代、新しい商品やサービスを購入して頂くのは、容易ではない。
特定客に対してターゲットを絞る必要性が出てきているのは言うまでもない。

ただし、まだまだもっともチラシを打つ『小売・サービス業』の世界でもまだまだ考え方はわかっていても実行できていないケースが多い。