『当たるチラシのヒント』ウェブプレス365日語録

当たるチラシにはルールがある。
毎日30秒で、効果的なチラシの作り方をお届けします。

2017-06-16 09:17:49

わかりやすいチラシ38

テーマ:わかりやすいチラシ

キーワード:「魂を売ったチラシ」は当たらない2

魂を売ったチラシを作るために「仮説づくり」が重要だ。

「このようなチラシを作れば多くのお客様が来るのではないか?なぜならば○○だから」
この○○を明確に言えること。

これがあやふやなチラシは仮説作りができていないことが証拠である。

2017-06-15 09:44:11

わかりやすいチラシ37

テーマ:わかりやすいチラシ

キーワード:「魂を売ったチラシ」は当たらない1

ヒットチラシを作るためには原則があるが、その会社の強みや長所、あるいは個性やこだわり、また地域性などそういったものを総合的に判断してチラシを作らないといけない。

その会社になじんだチラシと言えようか。

つまり、あなたの会社や店「らしい」チラシでないとヒットを続けることはできない。
単に当たったチラシを真似たのは自分達の魂を売ったチラシである。
一度は当たるかもしれないが、すぐに当たらなくなる。

魂にひきつけられる人はいないからだ。

2017-06-14 09:05:49

わかりやすいチラシ36

テーマ:わかりやすいチラシ

キーワード:ヒットチラシ情報や事例を定期的に入手しよう

目標設定として、どんな経営を目指すのかを考えるとき、具体的なモデルがあると目標が明確になり、目指しやすいという利点がある。

また、モデルを決めた会社とは、積極的に教えを乞うことができる関係を作りたい。
いわゆる、「師匠」である。

こういった存在があると、素直に意見を聞くことができ、進むべき道が明確になる。
チラシ作りでも同様なのだ。

2017-06-13 09:41:50

わかりやすいチラシ35

テーマ:わかりやすいチラシ

キーワード:チラシづくりの前に「商品」「サービス」の魅力を再点検3

貴方の会社や店の商品やサービスが時流にあっているかどうか?
また次の新しい魅力的な商品やサービスを開発し続けられているかどうか?

こういったことを常に見極め続けることが、チラシ作り以上に大切なことなのである。

チラシ作りの原則やテクニック、ノウハウなどを覚え、集客できるチラシ作りを研究することは商売にとっても大事なことだが、チラシの限界を知っておくことも同じぐらい大切だ。

2017-06-12 09:12:26

わかりやすいチラシ34

テーマ:わかりやすいチラシ

キーワード:チラシづくりの前に「商品」「サービス」の魅力を再点検2

商品やサービスがあって、それをより魅力的に表現して集客を図ろうとするものである。

したがって、商品やサービスに魅力がなくても、やはり集客をすることは難しい。
当然と言えば当然だが、チラシ作りが上手い人ほど、そのことに気づかない。

そもそも、商品やサービスが時流に合わなくなっているのであれば、チラシよりも商品・サービスを見直さなくてはならない。
そうしないと、肝心の問題に気づかないまま、集客を落としてしまうことになる。

2017-06-11 09:04:18

わかりやすいチラシ33

テーマ:わかりやすいチラシ

キーワード:チラシづくりの前に「商品」「サービス」の魅力を再点検1

チラシ作りが上手くても集客できないことはしばしば起こる。

チラシを当て続けること、これが大切なことだ。

たまに当たるというのは素人であって、プロの商売人ではない。
チラシとは、結局のところ魅力的な商品・サービスがあってそれをより魅力的に表現して集客を図ろうとするものである。

2017-06-10 09:44:12

わかりやすいチラシ32

テーマ:わかりやすいチラシ

キーワード:にぎわい感の演出で行きやすくする2

不動産会社と言えば、「行ったら結構しつこく売り込みをされるのでは?」と考える人が多い。
「不安感」「不信感」をもたれ易い業種と言える。

実際、不動産の店では、残念ながらいまだにそういった時代遅れの接客や営業をしているところが多い。

逆に言えばそういった部分こそがチャンスである。
だからこそ、接客レベルが高いにぎやかな明るいイメージを訴求して差別化を図る。

2017-06-09 09:07:31

わかりやすいチラシ31

テーマ:わかりやすいチラシ

キーワード:にぎわい感の演出で行きやすくする1

いかにして「不安感」「不信感」を払拭するかが重要だ。

店への来店を増やすには、どんな店なのかが具体的にわかることがまず大切だ。
そして、たくさんの人が集まる店というイメージを作っていくことが、次に求められる。

つまり、賑わっている店というイメージつくりが大切だ。

2017-06-08 09:02:11

わかりやすいチラシ30

テーマ:わかりやすいチラシ

キーワード:安心感・信頼感の演出で行きやすくする4

常にチラシで新規客を集客し続けるのは、集客コストが高くなる。

やはり、リピート客を増やし、最終的にはチラシが入らなくても来店をするお客様を増やしていくのが、正しい集客の考え方だ。
そう考えたとき、単に「特売日」だからということで来店するお客様を増やしていかなければならない。

つまり、「ファン客」つくりだ。
そのためには、店や会社の考えに共感してくれるお客様を増やしていく必要がある。

2017-06-07 09:33:35

わかりやすいチラシ29

テーマ:わかりやすいチラシ

キーワード:安心感・信頼感の演出で行きやすくする3

地域の住宅会社の場合だと、社長による「家作り宣言」を書く。

なぜ、今の家作りをすることになったのか。
どのような考えで家作りを提案しているのか。
家作りのことで、お客様に何を伝えたいのか。

こういったことをチラシで表現していく。
そうすると、そのような考えを持つ店長や社長に共感したお客様が来店をするようになる。

2017-06-06 09:05:20

わかりやすいチラシ28

テーマ:わかりやすいチラシ

キーワード:安心感・信頼感の演出で行きやすくする2

多くの人が集まっているところには、人は誰しも行きたくなるものだ。

このような人間心理を使って、チラシには多くの人が集まる店やイベントであることを伝えていく。

例えば、住宅会社のチラシだと「毎回100組を超えるお客様がいらっしゃる○○会社の見学会」と書いて、見学会に多くのお客様が来場している様子を撮影した写真を掲載する。
そうやって安心感・信頼感を演出するべし。

2017-06-05 09:06:21

わかりやすいチラシ27

テーマ:わかりやすいチラシ

キーワード:安心感・信頼感の演出で行きやすくする 1

人によるメッセージ訴求が信頼感を増す。

安心感を演出するために多くの人が集まっていることをつたえることが大切だ。

行列ができる繁盛店にどんどんお客様が集まるのは、「行列ができているから」と言うことがある。

2017-06-04 09:59:22

わかりやすいチラシ26

テーマ:わかりやすいチラシ

キーワード:商品価値を効果的に伝える「Q&A」訴求法3

Q&Aを使うことで、競合他社との違いを気づかせることができる。

日本ではあからさまな比較広告はできないことになっているため、このQ&Aは効果的な手法といえるだろう。

2017-06-03 09:09:18

わかりやすいチラシ25

テーマ:わかりやすいチラシ

キーワード:商品価値を効果的に伝える「Q&A」訴求法2

商品価値を答えとして、その価値を気づかせるための質問を用意する。

ダイレクトに価値を伝えることと比べると、ひとつのステップを踏んで伝えることになる。

そのステップを質問形式にすることで、価値を伝える前に問題意識を持ってもらうことができる。
その答えとして、価値を伝えるため理解が深まるのだ。

2017-06-02 09:03:12

わかりやすいチラシ24

テーマ:わかりやすいチラシ

キーワード:商品価値を効果的に伝える「Q&A」訴求法1

同じ商品価値を伝えるにしても、伝え方によってその伝わり方は全く変わる。

商品価値は伝えたことで理解されるのではなく、相手に理解されて始めて伝わったと言える。

そのために、伝え方が極めて重要になってくる。
このことはチラで商品価値を伝える場合も全く同じだ。

同じことを伝えるにも、「Q&A」式で伝えると理解されやすくなる。

2017-06-01 09:05:03

わかりやすいチラシ23

テーマ:わかりやすいチラシ

キーワード:オープン価格で集客アップを狙う2

当たる企画として、「オープン」や「リニューアルオープン」、あるいは「売り尽くし」などといったものだ。
こういった企画は当たりやすい。

通常オープン企画といえば、オープンしたときだけにしか使えないと思われがちだ。
しかし、「オープンフェア」「オープン感謝フェア」「オープン特別フェア」「オープン感謝祭」「オープン大特典祭」などオープン企画をいろいろと打ち出している。

2017-05-31 09:59:28

わかりやすいチラシ22

テーマ:わかりやすいチラシ

キーワード:オープン価格で集客アップを狙う1

当たる企画は当たらなくなるまで使え、これは販売促進の鉄則である。

ある企画がヒットしたらすぐに別の企画を考えるよりも、ヒットした企画を改良するなどして、当たらなくなるまで使うことが大切なのだ。

2017-05-30 09:09:53

わかりやすいチラシ21

テーマ:わかりやすいチラシ

キーワード:ターゲット訴求が商品価値を効果的に伝える2

最大の商品価値をもっとも認める客とは、どんな人なのかを考え、決めることだ。

最大の商品価値を決め、その価値をもっとも高い評価で認める人は誰なのか。

この順序で、ターゲットを決めていくのが、重要なポイントである。

2017-05-29 09:27:45

わかりやすいチラシ20

テーマ:わかりやすいチラシ

キーワード:ターゲット訴求が商品価値を効果的に伝える1

現代社会は、趣味嗜好や趣味あるものなどが、人それぞれ異なり、個性化が進む時代である。

ということは商品価値も全ての人によって同等に価値があるものとは限らないのだ。

ある人にとっては、価値ある商品も別の人にとって全く価値がないということも増えている。
そうなったときに考えなければならないのは、誰がターゲットになるのかということだ。

2017-05-28 09:21:41

わかりやすいチラシ19

テーマ:わかりやすいチラシ

キーワード:使用価値訴求で商品価値を効果的に伝える1

100個の言葉よりも1回のお試しで、その商品を使っているイメージを訴求することがポイントだ。

これが使用価値訴求である。

使用価値訴求も品質イメージを高めるのに効果的な方法だ。

2017-05-27 09:33:09

わかりやすいチラシ18

テーマ:わかりやすいチラシ

キーワード:プロフェッショナル訴求6

チラシで商品価値を伝える三つ目のパターンは、③プロフェッショナルを自己演出することだ。

たとえば店で扱っている地酒をチラシでアピールするようなときは、白衣を着た職人がテイスティングをしている写真を掲載する。
プロフェッショナルらしさをお客様に強く印象付けることが重要だ。

2017-05-26 09:04:12

わかりやすいチラシ17

テーマ:わかりやすいチラシ

キーワード:プロフェッショナル訴求5

ナンバーワンとして表現できるものを考えることも効果的だ。

「ナンバーワン」というのは、とてもわかりやすい。
例えば、「○○町でシュークリーム売上No,1のケーキ屋さん」でも良い。

ナンバーワンとして表現できる方法を考えるのだ。

2017-05-25 08:40:33

わかりやすいチラシ16

テーマ:わかりやすいチラシ

キーワード:プロフェッショナル訴求4

チラシで商品価値を伝える二つ目のパターンは、②専門家としてアピールできるものを探すことだ。

例えば、表彰された実績はないか、コンテストに出て一番に選ばれたことがないか、町の人気店に選ばれたことがないか。
もし、まだないとしても、こういった表彰をされる可能性のあるものには積極的に出品しよう。

「■■に表彰された○○」というと、品質イメージが高まる。

2017-05-24 08:48:32

わかりやすいチラシ15

テーマ:わかりやすいチラシ

キーワード:プロフェッショナル訴求3

専門店や専門家と言うのは、商品の品質イメージを高める効果があるのだ。

そこに、プロフェッショナリズムを感じるからだ。

人はプロに憧れ、またプロを認めようとする心理的傾向がある。
プロになるには、人並み以上の努力や苦労が必要だと知っているからだろう。

2017-05-23 09:02:44

わかりやすいチラシ14

テーマ:わかりやすいチラシ

キーワード:プロフェッショナル訴求2

チラシで商品価値を伝える一つ目のパターンは、①プロフェッショナルイメージを訴求することだ。

「この道一筋50年」と言われると、商品の品質イメージが高まる。
あるいは「うなぎ専門店」として看板を掲げる店に行くと、うなぎの蒲焼とご飯しかメニューにない。
一品で勝負をしているうなぎ店。

こういった店も商品の品質イメージを高める。

2017-05-22 09:13:11

わかりやすいチラシ13

テーマ:わかりやすいチラシ

キーワード:プロフェッショナル訴求1

商品価値をチラシで伝えるパターンとはどういったものだろう。

よく「会って話せばこの商品の素晴らしさを伝えられるのだが」と考える人は少なくない。
しかし商売のプロならば会って話すまでもなく、チラシでそれができるようにならなければならない。

その際、決して難しいことではなくパターンを理解しておくだけでよい。

2017-05-21 09:11:30

わかりやすいチラシ12

テーマ:わかりやすいチラシ

キーワード:魅力的でいきたくなる イベントの条件2

来場特典の選び方が集客に影響する。

人間は得をするものには興味を示す。
従って集客を考えるときもその感情を利用するのが賢いやり方だ。

しかし、このとき注意しなければならないのは来場特典の選び方だ。
どういったお客様が来るのか?
あるいはどういったお客様を呼びたいのか?

このことを明確にしてから来場特典を選ぶようにしたい。

2017-05-20 09:12:48

わかりやすいチラシ11

テーマ:わかりやすいチラシ

キーワード:魅力的で行きたくなる イベントの条件1

魅力的で行きたくなるイベントの条件は、魅力的な商品とイベントがかけ合わさってできる。

お客様の来場が多い人気イベントは集客が実現できるように仕掛けをしているものだ。

人気イベントの仕掛けとしては、大きく2つのことが考えられる。

まずは他では体験できないイベントをすること。
そして、イベント内容のボリュームを増やすこと。
多くのことが体験できるイベントだと集客効果が高まる。

2017-05-19 09:14:47

わかりやすいチラシ10

テーマ:わかりやすいチラシ

キーワード:商品が魅力的にアピールできているか?5

品質イメージの伝え方は、ビジュアル訴求をするとよい。

つまり、商品を魅力的に撮影してチラシの大半に使ってみる。
あるいは、こだわり訴求でチラシに生産者の声や開発者を登場させる。

どのような思いで作っているのか、あるいはおすすめコメントを載せていくのだ。

2017-05-18 09:06:05

わかりやすいチラシ9

テーマ:わかりやすいチラシ

キーワード:商品が魅力的にアピールできているか?4

品質ではなくて、品質イメージを伝えたいところだ。

はっきり言って今の時代、商品に品質の違いはほとんどない。
違うのは品質イメージだ。

チラシで価値訴求をしていくとき、考えなければならないのは、品質イメージである。
品質を正しく伝えることが、チラシのポイントではない。

2017-05-17 09:04:35

わかりやすいチラシ8

テーマ:わかりやすいチラシ

キーワード:商品が魅力的にアピールできているか?3

商品価値には、大きく「機能性」と「デザイン」がある。

そして、売れる商品には、これまでにはない便利な機能が付加されているか、他にはないデザインなのか、そのどちらかが必ずある。

2017-05-16 09:38:11

わかりやすいチラシ7

テーマ:わかりやすいチラシ

キーワード:商品が魅力的にアピールできているか?2

高い価値を持つ商品があるにも関わらず、集客ができていない、あるいは売上が上がっていないとすれば、それはプロモーションの怠慢である。

住宅会社の中でも、「俺はどこにも負けない建物を造っているのに客がこない。建物のよさを分かってもらえない」などという社長がいるが、はっきりいってお客様は悪くない。

2017-05-15 09:05:14

わかりやすいチラシ6

テーマ:わかりやすいチラシ

キーワード:商品が魅力的にアピールできているか?1

チラシ作りの前に何をしなければならないか、それはズバリ商品力を高めることだ。

魅力がない、あるいは価値がない商品で仮に集客ができたとしても物は売れない。

ビジネスの基本は「商品」である。
そのため、チラシ作りを研究する前にまずしなければならないのは、商品力を高めることだ。

2017-05-14 09:04:08

わかりやすいチラシ5

テーマ:わかりやすいチラシ

キーワード:チラシが飽きられていないか?3

イメージを定着させるための「定番化」と毎回、集客を獲得していくための「新規性」を追求するのが当たるチラシ作りの狙いなのだ。

「定番化」と「新規性」という発想は、他業種のチラシでも認知度のアップと、常に一定の集客を実現するには必要な発想だ。

2017-05-13 09:07:18

わかりやすいチラシ4

テーマ:わかりやすいチラシ

キーワード:チラシが飽きられていないか?2

チラシは「集客」と「店や会社の認知度アップ」の両方を考えていくことが重要だ。

そのために、チラシを見たとき、あなたの会社のチラシだとすぐにわかること。

そして、新しくて魅力的な情報を載せて集客も実現していく。

2017-05-12 09:05:28

わかりやすいチラシ3

テーマ:わかりやすいチラシ

キーワード:チラシが飽きられていないか?1

チラシの狙いは集客だけだろうか、いや違う。

集客をするのと同時に、会社や店の認知度アップにも繋がる。

そのため、チラシには年に1回だけ、あるいは新規のお客様が欲しい時だけ不定期に打つのではなく、定期的に打っていくのがより効果的なやり方となる。

それは集客するのと同時に、会社や店の認知度を確実に高めていく効果があるからだ。

2017-05-11 09:13:59

わかりやすいチラシ2

テーマ:わかりやすいチラシ

キーワード:インパクトあるコピー2

インパクトあるコピーの次に大切なのは、具体化である。

コピーで言っていることを具体化していくべきなのだ。

例えば、小売業ならば品揃えや商品価値を伝えていくことだ。
また、住宅会社などのイベント型チラシの場合はイベントの内容を魅力的に伝えていくことになる。

そして、最後に行動を促す。
チラシを見た人が、あなたの店や会社に行きたくなる、あるいは電話で問合せをしたくなるようにするのだ。

2017-05-10 09:55:31

わかりやすいチラシ1

テーマ:わかりやすいチラシ

キーワード:インパクトあるコピー1

当たるチラシに共通しているのは、「何が言いたいのか?」がズバリ伝わってくることだ。

訴求テーマがはっきりと見えるのが当たるチラシだ。

例えばスーパーのチラシだと、「今日のおすすめは何なのか」あるいは、「今日は何が安いか」を言ったことがズバリわかるというのかどうかということだ。