『当たるチラシのヒント』ウェブプレス365日語録

当たるチラシにはルールがある。
毎日30秒で、効果的なチラシの作り方をお届けします。

|<      <<      1   :|:   2   :|:   3   :|:   4   :|:   5      >>      >|

2020-08-10 09:20:35

集客の基本47

テーマ:集客の基本

キーワード:キャラクターの愛着力4

キャラクターの愛着力として、③「スタッフ」キャラクターの愛着力がある。

高額商品になればなるほど、商品だけで選ぶのではなく、プラス人で選ぶようになる。
つまり、「○○さんから、この商品を買いたい」というようになっているのだ。

この人に聞けば気軽に色々教えてくれそうだというキャラクターを打ち出すことで、効果が出るようになる。

2020-08-09 09:05:53

集客の基本46

テーマ:集客の基本

キーワード:キャラクターの愛着力3

キャラクターの愛着力として、②「社長」キャラクターの愛着力がある。

消費者は中小の店から商品を買ったり、サービスを受けることに「不安」を感じる。

だからこそ、中小店は「社長の人柄や考え方」を活用して、信用を得て商売するほうが不安が消せて集客効果を生みやすい。

2020-08-08 09:19:49

集客の基本45

テーマ:集客の基本

キーワード:キャラクターの愛着力2

キャラクターの愛着力として、①「会社」キャラクターの愛着力がある。

硬いイメージ、男臭いイメージの会社は女性にとって気軽に利用するのは抵抗がある。

しかし、ディズニーアニメに出てくるような動物などを会社のイメージキャラクターとして打ち出して、やわらかいイメージにすることができる。

2020-08-07 09:32:51

集客の基本44

テーマ:集客の基本

キーワード:キャラクターの愛着力1

チラシは商品集客、企画集客、イベント集客によって即効性のある集客が見込める。

しかし、毎月チラシを折込むようになると、安定した集客が見込める仕掛けが不可欠になってくる。

それには、商品や企画だけを見てもらうチラシではなく、店(会社)に愛着を持ってもらうような「キャラクター」を活用すると良い。

色々な種類があるが、以下3種類ご参考までに。
①「会社」キャラクターの愛着力
②「社長」キャラクターの愛着力
③「スタッフ」キャラクターの愛着力

2020-08-06 09:15:50

集客の基本43

テーマ:集客の基本

キーワード:商品(サービス)の価値を伝えよう5

④価値の構造解説

商品の価値は、表面よりも中身に詰まっている。

製法や工法、あるいは構造などが、実はお金がかかるところだが、それが伝わらないと消費者は、「なぜこんなに高いんだ」と考え、購入の障壁になる。

そこで、構造などを写真イラストにして、なぜこのようにしているかを説明することで、価値の不安を軽減する。

|<      <<      1   :|:   2   :|:   3   :|:   4   :|:   5      >>      >|