『当たるチラシのヒント』ウェブプレス365日語録

当たるチラシにはルールがある。
毎日30秒で、効果的なチラシの作り方をお届けします。

|<      <<      1   :|:   2   :|:   3   :|:   4   :|:   5      >>      >|

2019-10-22 09:01:10

チラシはターゲットを明確に1

テーマ:ターゲット

キーワード:誰に何を売るのかを決めろ

マーケティングの基本は誰に何を売るのかを決めることである。

モノ余りかつ不況の時代、新しい商品やサービスを購入して頂くのは、容易ではない。
特定客に対してターゲットを絞る必要性が出てきているのは言うまでもない。

ただし、まだまだもっともチラシを打つ『小売・サービス業』の世界でもまだまだ考え方はわかっていても実行できていないケースが多い。

2019-10-21 09:21:50

チラシの本質10

テーマ:当たるチラシとは

キーワード:安売りではなく、安さ感を演出せよ

安売りとは、何か。

その言葉の通り、商品を通常よりも安く売ることである。

安さ感とは何か。

同じ商品でも安く見せてお客様に安く感じていただくことである。
そこには、技術が必要である。

安売りと安さ感を混同するとチラシの紙面も間違った演出がなされていることが多い。
改めて気をつけたい。

2019-10-20 09:49:08

チラシの本質9

テーマ:当たるチラシとは

キーワード:主力アイテムの価値訴求

会社の中で大黒柱になっている商品を主力商品という。

その主力商品の魅力をPRするのがチラシの役割であるが、その際重要なのは価値を伝えることである。価値とはすなわち商品価値のことである。

売り方、つまり店頭での訴求方法によって価値の感じ方を大きく変化させることができるし、チラシに『当店のビールはいつも7℃で冷やしており、いつもおいしいビールをお持ち帰りOK』と書いていれば、他店との差別化が図れるのだ。

いかにして価値訴求をするかが大切である。

2019-10-19 09:10:11

チラシの本質8

テーマ:当たるチラシとは

キーワード:単品訴求がチラシを当てるコツ2

そのためには、「何を買えば一番よいのか」の明確な理由を訴求する必要がある。
それを一番単品訴求という。

一番単品とは、わが社、我が店、自信の一品である。

もちろん、自信の裏づけとなる理由が必要であるが、もっとも説得力があるのは「自分が使ってみた!」や「プロのお薦め」など、使用感をリアルに描くことである。

具体的な表現としては、『トップのおすすめ品』『店長のおすすめ品』『仕入れ担当者(バイヤー)のおすすめ品』などで、リアルな使用感を訴求する。

2019-10-18 09:23:05

チラシの本質7

テーマ:当たるチラシとは

キーワード:単品訴求がチラシを当てるコツ1

インターネット、携帯電話の普及により家にいながら商品情報をいつでも気軽に手に入れられるようになった。

情報は氾濫しており、人々は「もっと良いものがないか?」「もっと安いものがないか?」と情報を追っかけてついには、どの商品を買って良いかわからないという状況になる。

そのため、売り手として大切なことは迷わせないということだ。

|<      <<      1   :|:   2   :|:   3   :|:   4   :|:   5      >>      >|