このエントリーをはてなブックマークに追加
なうで紹介

新聞型製本(スクラム製本)について

新聞型製本

タブロイド新聞祭

ポイントサービス

新聞型製本(スクラム製本)とは

新聞型製本・スクラム製本の商品が大変人気です!

新聞型製本とは、背の部分を針金(ステッチャー)で止める製本ではなく、二つ折りにしたものを重ね合わせた、一般的な新聞紙のような状態で仕上げたものです。このような製本方法は、スクラム製本とも呼ばれています。
ウェブプレスでは、タブロイド新聞ブランケット新聞・新聞型製本B4・綴じなし冊子A4・横型の新聞製本の商品を取り扱っています。広報誌・機関誌・情報誌やフリーペーパー等、アイデア次第で様々な用途でご利用できます。

新聞型製本(タブロイド新聞・ブランケット新聞など)の種類

新聞型製本(スクラム製本)の商品は輪転機を用いて印刷を行ないます。
輪転機とは大部数の印刷を得意とする印刷機で、使用する用紙もロール状になっていて、そのことで印刷・断裁・梱包がスムーズに行えます。 輪転機を使用すると工程の関係上、コチラの様な特徴があります。ご注文の際には、必ずご確認ください。

下記の表は弊社の新聞型製本の商品一覧となります。
それぞれサイズが異なりますので、ご用途に応じてご利用ください。

もっと多ページ・多部数の場合、是非こちらからお問い合わせくださいませ。
新聞輪転印刷の品質は、日刊新聞(読売新聞、朝日新聞、毎日新聞、産経新聞)と同等です。

 

(ご参考:ウェブプレスの新聞型製本の印刷は、自社工場での生産で、高品質で綺麗な仕上がりの商業輪転印刷機を使用しています。商業輪転機は乾燥機が備わった印刷機で、チラシやカタログ品質です。印刷機には乾燥機が備わっていない新聞印刷専用の新聞輪転機もあります。新聞輪転印刷は、協力会社での生産となります。)

新聞型製本の商品のお問合せ・お見積りはこちらから

  タブロイド
新聞印刷
ブランケット
新聞印刷
新聞型製本
B4印刷
綴じなし冊子
A4印刷
ページ
2 タブロイド新聞<2P>
価格の確認はコチラ
ブランケット新聞<2P>
価格の確認はコチラ
新聞型製本B4<2P>
価格の確認はコチラ
4 タブロイド新聞<4P>
価格の確認はコチラ
ブランケット新聞<4P>
価格の確認はコチラ
新聞型製本B4<4P>
価格の確認はコチラ
綴じなし冊子A4<4P>
価格の確認はコチラ
6 タブロイド新聞<6P>
価格の確認はコチラ
  新聞型製本B4<6P>
価格の確認はコチラ
 
8 タブロイド新聞<8P>
価格の確認はコチラ
  新聞型製本B4<8P>
価格の確認はコチラ
綴じなし冊子A4<8P>
価格の確認はコチラ
10 タブロイド新聞<10P>
価格の確認はコチラ
  新聞型製本B4<10P>
価格の確認はコチラ
 
12 タブロイド新聞<12P>
価格の確認はコチラ
  新聞型製本B4<12P>
価格の確認はコチラ
 
14 タブロイド新聞<14P>
価格の確認はコチラ
  新聞型製本B4<14P>
価格の確認はコチラ
 
16 タブロイド新聞<16P>
価格の確認はコチラ
  新聞型製本B4<16P>
価格の確認はコチラ
 
20 タブロイド新聞<20P>
価格の確認はコチラ
     
24 タブロイド新聞<24P>
価格の確認はコチラ
     
28 タブロイド新聞<28P>
価格の確認はコチラ
     
32 タブロイド新聞<32P>
価格の確認はコチラ
     
商品サイズ 273×406mm
※<2P>の商品サイズは、270×406mmとなります。
406×546mm 273×382mm
※<2P>の商品サイズは、270×382mmとなります。
210×297mm
用紙サイズ 406×546mm
※<2P>の用紙サイズ、<6P><10P><14P>の中に挟みこまれるペラの用紙サイズは、270×406mmとなります。
<4P>813×546mm
<2P>406×546mm
382×546mm
※<2P>の用紙サイズ、<6P><10P><14P>の中に挟みこまれるペラの用紙サイズは、270×382mmとなります。
297×420mm
備考 タブロイド新聞の特徴・詳細に関しましてはコチラのページでご確認ください。 ブランケット新聞の特徴・詳細に関しましてはコチラのページでご確認ください。   新聞型製本B4のサイズで印刷後に断裁をして商品を仕上げますので、データ作成の際にヌリタシが必要となります。

※各商品の詳細等に関しましては、各商品ページでご確認ください。

  横型タブロイド
新聞印刷
横型新聞製本
B4印刷
横型新聞製本
B5印刷
横型新聞製本
D5印刷
ページ数 4 横型タブロイド新聞
<4P>

価格の確認はコチラ
横型新聞製本B4
<4P>

価格の確認はコチラ
横型新聞製本B5
<4P>

価格の確認はコチラ
横型新聞製本D5
<4P>

価格の確認はコチラ
8     横型新聞製本B5
<8P>

価格の確認はコチラ
横型新聞製本D5
<8P>

価格の確認はコチラ
商品サイズ 270×406mm 270×382mm 191×273mm 203×273mm
用紙サイズ 270×812mm 270×764mm 191×546mm 203×546mm
備考 横型タブロイド新聞の商品は、用紙の短辺を閉じた横長仕上がりの冊子です。 横型新聞製本の商品は、用紙の短辺を閉じた横長仕上がりの冊子です。 横型新聞製本の商品は、用紙の短辺を閉じた横長仕上がりの冊子です。 横型新聞製本の商品は、用紙の短辺を閉じた横長仕上がりの冊子です。

※各商品の詳細等に関しましては、各商品ページでご確認ください。


ウェブプレス・プロもご用意しています。

【ウェブプレス・プロ】とは、通常の印刷通販サービスとは異なり、お客様と綿密な打合せをおこなってお見積もり、ご納品等をおこなうサービスです。


概算金額が【100,000円】を超えているものを対象とさせていただきますが、印刷のことならどんなことでもお問い合わせください。可能な限り対応させていただきます。

詳しくは『ウェブプレス・プロのお見積りとお問い合わせのご依頼』をご覧ください。


ウェブプレス・プロ

新聞型製本の商品のお問合せ・お見積りはこちらから

新聞型製本印刷の対応ページ数毎の商品形態について

32ページの場合
タブロイド新聞<32P> タブロイド新聞<32P>の商品は、D3サイズの用紙を二つ折りにした状態のものが、8枚重なっている状態となります。
28ページの場合
タブロイド新聞<28P> タブロイド新聞<28P>の商品は、D3サイズの用紙を二つ折りにした状態のものが、7枚重なっている状態となります。
24ページの場合
タブロイド新聞<24P> タブロイド新聞<24P>の商品は、D3サイズの用紙を二つ折りにした状態のものが、6枚重なっている状態となります。
20ページの場合
タブロイド新聞<20P> タブロイド新聞<20P>の商品は、D3サイズの用紙を二つ折りにした状態のものが、5枚重なっている状態となります。
16ページの場合
タブロイド新聞<16P> タブロイド新聞<16P>の商品は、D3サイズの用紙を二つ折りにした状態のものが、4枚重なっている状態となります。
新聞型製本B4<16P> 新聞型製本B4<16P>の場合、B3サイズの用紙を二つ折りにした状態のものが、4枚重なっている状態となります。
14ページの場合
タブロイド新聞<14P> タブロイド新聞<14P>の商品は、D3サイズの用紙を二つ折りにした状態のものが3枚重なったものに、D4サイズの用紙を挟み込んでいる状態となります。
新聞型製本B4<14P> 新聞型製本B4<14P>の場合、B3サイズの用紙を二つ折りにした状態のものが3枚重なったものに、B4サイズの用紙を挟み込んでいる状態となります。
12ページの場合
タブロイド新聞<12P> タブロイド新聞<12P>の商品は、D3サイズの用紙を二つ折りにした状態のものが、3枚重なっている状態となります。
新聞型製本B4<12P> 新聞型製本B4<12P>の場合、B3サイズの用紙を二つ折りにした状態のものが、3枚重なっている状態となります。
10ページの場合
タブロイド新聞<10P> タブロイド新聞<10P>の商品は、D3サイズの用紙を二つ折りにした状態のものが2枚重なったものに、D4サイズの用紙を挟み込んでいる状態となります。
新聞型製本B4<10P> 新聞型製本B4<10P>の場合、B3サイズの用紙を二つ折りにした状態のものが2枚重なったものに、B4サイズの用紙を挟み込んでいる状態となります。
8ページの場合
タブロイド新聞<8P> タブロイド新聞<8P>の商品は、D3サイズの用紙を二つ折りにした状態のものが、2枚重なっている状態となります。
新聞型製本B4<8P> 新聞型製本B4<8P>の場合、B3サイズの用紙を二つ折りにした状態のものが、2枚重なっている状態となります。
綴じなし冊子A4<8P> 綴じなし冊子A4<8P>の場合、A3サイズの用紙を二つ折りにした状態のものが、2枚重なっている状態となります。
横型新聞製本B5<8P> 横型新聞製本B5<8P>の商品は、191×546mmのサイズで印刷されたものを二つ折りにした状態のものが、2枚重なっている状態となります。
横型新聞製本D5<8P> 横型新聞製本D5<8P>の商品は、203×546mmのサイズで印刷されたものを二つ折りにした状態のものが、2枚重なっている状態となります。
6ページの場合
タブロイド新聞<6P> タブロイド新聞<6P>の商品は、D3サイズの用紙を二つ折りにした状態のものに、D4サイズの用紙を挟み込んでいる状態となります。
新聞型製本B4<6P> 新聞型製本B4<6P>の場合、B3サイズの用紙を二つ折りにした状態のものに、B4サイズの用紙を挟み込んでいる状態となります。
4ページの場合
タブロイド新聞<4P> タブロイド新聞<4P>の商品は、D3サイズの用紙を二つ折りにした状態のものとなります。
新聞型製本B4<4P> 新聞型製本B4<4P>の場合、B3サイズの用紙を二つ折りにした状態のものとなります。
ブランケット新聞<4P> ブランケット新聞<4P>の場合、D2サイズの用紙を二つ折りにした状態のものとなります。
※納品時は更に2つ折りにしたD4サイズでの納品となります。
綴じなし冊子A4<4P> 綴じなし冊子A4<4P>の場合、A3サイズの用紙を二つ折りにした状態のものとなります。
横型タブロイド新聞<4P> 横型タブロイド新聞<4P>の商品は、270×812mmのサイズで印刷されたものを二つ折りにした状態のものとなります。
横型新聞製本B4<4P> 横型新聞製本B4<4P>の商品は、270×764mmのサイズで印刷されたものを二つ折りにした状態のものとなります。
横型新聞製本B5<4P> 横型新聞製本B5<4P>の商品は、191×546mmのサイズで印刷されたものを二つ折りにした状態のものとなります。
横型新聞製本D5<4P> 横型新聞製本D5<4P>の商品は、203×546mmのサイズで印刷されたものを二つ折りにした状態のものとなります。
2ページの場合
タブロイド新聞<2P> タブロイド新聞<2P>の商品は、D4サイズの用紙に両面印刷をされたものとなります。
新聞型製本B4<2P> 新聞型製本B4<2P>の場合、B4サイズの用紙に両面印刷をされたものとなります。
ブランケット新聞<2P> ブランケット新聞<2P>の場合、D3サイズの用紙に両面印刷をされたものとなります。
※納品時は2つ折りにしたD4サイズでの納品となります。

※各商品の詳細等に関しましては、各商品ページでご確認ください。

上記に無いページ数の新聞型製本の商品をご希望の際には、弊社までお問い合わせください。

データの作成方法に関して

  • ページ物のデータの作成は、見開きページでの作成、または単ページずつでの作成でお願いします。
  • 通常、印刷範囲内にノンブルがある場合には、綴じ方向オプションで選択していただいた綴じ方向に合わせて、順番通りに面付けさせていただきます。
  • ノンブルが無いデザイン・データの場合、各ファイルのページ順が分かるように、ファイル名にページ番号をつけてた上で、トンボの外側にページ番号を記載してください。同様に、弊社確認用データでもページ順番が分かるように記載してください。
  • 作成データ・アプリケーション等の都合上、データ上にページ番号をつけるのが難しい場合には、別添のテキスト等でどのファイルがどの順番になるのかご指示してください。
  • 上記の指示が抜けていた場合、商品のページの順番に誤りがあったり、意図と違う順番となっていたとしても、弊社では責任を負いかねます。ご了承ください。
  • ページ物の商品のデータ作成に関して詳しくはコチラのページをご確認ください。

もっと多ページ・多部数の場合、是非こちらからお問い合わせくださいませ。
新聞輪転印刷の品質は、日刊新聞(読売新聞、朝日新聞、毎日新聞、産経新聞)と同等です。

 

(ご参考:ウェブプレスの新聞型製本の印刷は、自社工場での生産で、高品質で綺麗な仕上がりの商業輪転印刷機を使用しています。商業輪転機は乾燥機が備わった印刷機で、チラシやカタログ品質です。印刷機には乾燥機が備わっていない新聞印刷専用の新聞輪転機もあります。新聞輪転印刷は、協力会社での生産となります。)

新聞型製本(スクラム製本)の紙の選び方

新聞型製本(スクラム製本)では、主にコート紙、マット紙、上質紙の3種類の用紙が、よく選ばれている紙の種類です。
ウェブプレスではこの3種類の用紙の他に、高白更・新聞更という更紙をご用意しています。

コート紙とは、コート剤を塗布し、滑らかにしたツヤのある用紙です。特徴としては両面に少々の光沢があり、写真など色の表現にも向いています。 一般的な商業印刷に最も多く用いられています。

マット紙とは、コート紙と比べて光沢が抑えられており、落ち着いた雰囲気になっています。ツヤを消してしっとりとした質感と手触り感があり、インキがのった時の発色もコート同等に良くなっています。上品な印象を持たせたいときにおすすめです。

上質紙とは、一般で広く使用されているコピー用紙と同じような質感の紙になります。表面、裏面ともコートされてないために、筆記性にとても優れた用紙です。

更紙とは、新聞紙のような質感で紙面がざらざらしています。あえて身近感や安さ感を出すために使われることもあります。大部数の印刷で価格を抑えたい時にもよく利用されます。

紙の厚みについて

紙の厚みを選ぶ際には、デザインや伝えたい印象・雰囲気、利用方法等によって決める場合やコスト重視で紙の厚みを決定する場合等が多い様です。掲載している商品の単価が高い場合には高級感を出すために厚めの用紙を選ぶというのもおすすめです。また、コストを重視して薄い紙を選ぶ等、ご予算に応じて紙の厚みを選ぶというのもおすすめではあります。
紙の厚みは用紙名の後にある数字が大きい方が厚く、小さい方が薄くなりますが、同じ数字であっても紙の種類が異なれば少しずつ厚みも異なります。詳しくはコチラの連量表ページをご覧ください。
実際にお手元で用紙をご確認したい際には、ぜひこちらより資料請求をしてください。もちろん無料です。


新聞型製本の特徴について

新聞型製本(スクラム製本)は印刷工程の関係上、以下の様な特徴があります。(商品によって特徴の入り方は若干異なります。【綴じなし冊子A4】の商品に関しましては、白フチの部分をカットしますので、白フチの部分の特徴は無くなります。

  • 四方に約8mm程度の白フチが入る
  • 白フチの一部がギザギザになる
  • 白フチの一部に鍵穴と呼ばれる小さな穴が入る
  • 白フチ部分に印刷時に必要なダイヤマークが印刷される
  • 新聞型製本の印刷には輪転機を使用しますが、機械の性質上中央の折りの精度が落ちてしまいます。ご了承ください。
  • 新聞型製本の商品は、一枚の用紙を二つ折りにした状態のものが4ページとなります。8ページの場合、二つ折りしたものを2枚重ね合わせた状態のものとなります。
  • タブロイド新聞・新聞型製本B4の商品は、用紙を二つ折りにした状態のものが、複数枚重なっている状態で仕上がり(ページ数によって異なります。上図参照)となりますが、印刷時のずれにより用紙の高さが完全には揃わない場合がございます。ご了承ください。

新聞型製本印刷の中面モノクロ印刷にも対応しています!

表面がカラー・中面がモノクロでの印刷の場合の為に【表4色/裏1色】もご用意しています。詳しくはこちらでご確認ください。


新聞型製本印刷に関して、よくいただくご質問の説明です

新聞型製本印刷の商品に関してのよくいただく質問を下記に抜き出しています。印刷に関する基礎的な事からウェブプレスの新聞型製本印刷に対してのサービスや取り扱いなど、色々な質問に対してのご説明をおこなっておりますので、是非ご確認くださいませ。

新聞型製本の商品のお問合せ・お見積りはこちらから

ウェブプレスの会員登録は絶対お得!!