チラシ印刷のウェブプレス ホーム > テクニカルガイド

このエントリーをはてなブックマークに追加
なうで紹介

テクニカルガイド

弊社では、入稿データは完全データ入稿でお願いしております。完全データとは、弊社にて修正の必要がない印刷に適した完成されたデータの事です。
もし、ご入稿されたデータから不備・不具合が発見された場合には、お客様にデータを修正していただき、再度ご入稿することとなり、大幅に時間を要してしまいます。(弊社での修正は原則として行いません。
そこでデータ作成に少しでもお役立ていただければと、基礎的な知識、各種データの作成方法、ご入稿方法などを紹介させていただきます。
作り慣れておられる方も弊社の各対応状況等をご確認いただきますようお願いいたします。
ご不明な点がございましたらこちらよりお問い合わせください。

対応状況

弊社では、Macintosh、WindowsのAdobe Illustrator、Photoshop、InDesign、QuarkXPress(Macintoshのみ)に対応し、WindowsのOfficeのデータも対応しております。また、フォントや用紙、商品サイズも様々なものに対応しております。
ただし、一部対応しかねる場合もございますので、詳しくは下記よりご確認ください。

各種データの作成方法

実際に印刷用のデータを作ってみると、トンボ、フォント、画像、と様々な知識が必要となります。
ここでは印刷の基礎知識と各ソフトウェアごとにある、データの作成時に必要な知識・注意点等について紹介します。

入稿用の印刷用PDF/Officeのプリンタファイルの作成方法

作成したデータを印刷用PDF(Officeの場合にはプリンタファイル)にしていただくと、データの入れ忘れが無くなる、データが軽くなり送信時間が短縮される等のメリットがあります。
ここでは各ソフトウェアごとの印刷用PDFの作成方法、Officeデータ用プリンタファイルの作成方法について紹介します。

作成されたデータのご入稿方法

データが作成されますと、データのご入稿となります。
実際に入稿する為には、

1. お客様自身でのデータチェック
  ↓
2. 弊社確認用データの作成
弊社でのデータチェックに必要となります。スクリーンショット<QuarkXPressの場合はEPS保存>をご用意ください。
  ↓
3. 印刷用PDFデータの作成/Officeデータのプリンタファイルの作成
(この行程は飛ばしていただいても問題ありませんが、印刷用PDFデータ/Officeデータのプリンタファイルにしていただくと、データの入れ忘れが無くなる、データが軽くなり送信時間が短縮される等のメリットがあります。)
  ↓
4. 作成したデータをデータ入稿用に圧縮
(弊社へ配達での入稿の場合には圧縮していただかなくても問題ありません。)
  ↓
5. 弊社へデータ入稿
(入稿方法は「Eメールでファイル添付しての送信」「WEB入稿」「FTP入稿」の3つの送信方法と「配達での入稿」があります。)

の手順でご入稿していただくことになります。