『当たるチラシのヒント』ウェブプレス365日語録

当たるチラシにはルールがある。
毎日30秒で、効果的なチラシの作り方をお届けします。

2017-04-23 09:15:14

チラシのプロになる7

テーマ:チラシのプロになる

キーワード:お客様の声に耳を傾ける

お客様の心を知ることにおいてもう一つ大事なことは「お客様自身の声に耳を傾ける」ことだ。

現場はもちろん、トップ自らお客様に対してその声をしっかり聞くことが重要。
よく成功した経営者は、マスコミばかり登場し、お客様と接する機会が減る傾向があるが、それはあまりよくない。

やはり会社のトップである経営者自らお客様に接することで現場を知り、お客様を知る上で大切なことである。

2017-04-22 09:52:14

チラシのプロになる6

テーマ:チラシのプロになる

キーワード:お客様の心を読む2

お客様の気持ちに立つ第一歩は、実際にその商品を使ってみることだ。

例えば、ゴルフショップのチラシを作るとき、ゴルファーの気持ちが分からないとチラシがつくれない。
一度もゴルフをやったことがない人と一度でもゴルフをやったことがある人とでは出来上がるチラシは変わってくる。

そこで、一度でもいいからゴルフをやってみる。
すると、ゴルフがどれほど難しいかが分かり、ゴルファーの気持ちを理解し始めるのだ。

2017-04-21 09:42:13

チラシのプロになる5

テーマ:チラシのプロになる

キーワード:お客様の心を読む1

ビジネスを成功させるには、当然お客様の心理状態を考え、それに沿った商品なり、サービスを提供しないとモノは売れない。
ゆえに相手の気持ちを読んでいくことがビジネス成功への道といえる。

チラシづくりも同様で、お客様の心理を読むことが大事。

顧客心理を考えずに、チラシを作ることで心に刺さらない無味乾燥なチラシになってしまい、当然集客はできない。

2017-04-20 09:08:03

チラシのプロになる4

テーマ:チラシのプロになる

キーワード:週刊誌、スポーツ新聞から学べ!

よくある質問に「いいチラシタイトルが浮かばないのですが、どうしたらいいでしょうか?」
あるいは「キャッチコピーが分からないんですが・・・・」ということがある。

確かにチラシを長年作っているとマンネリ化も出てきてしまうので、いい企画やタイトルが浮かばないという時がある。
特に一人で考えているとありがちなことだ。

そこでお勧めなのは、週刊誌・スポーツ新聞などの「見出し」を常にチェックすることだ。
内容を読みたくなる見出しのオンパレードだ。

2017-04-19 09:10:10

チラシのプロになる3

テーマ:チラシのプロになる

キーワード:異業種から盗め!

ビジネスの世界では「異業種に学べ!」「異業種から盗め!」とよく言われる。

確かに異業種交流会など花盛であるが、本当に異業種の成功例を自社に取り込んでくれる人は数少ない。
もちろん刺激を受けたり、モチベーションが上がったりとメンタル部分の活性化として役立てている人は多いが、他人の成功事例を取り込めるというのはごくわずかである。

異業種の成功例を自社に応用できる人の共通項は「素直」であることだ。
他社の成功事例や提案を素直に受け取り、とりあえずやってみるというチャレンジ精神が強い。

2017-04-18 09:05:17

チラシのプロになる2

テーマ:チラシのプロになる

キーワード:情報のエキスに敏感になれ!2

情報化社会と呼ばれて久しいが、この言葉を誤解または曲解している人は多い。

インターネットやマスコミ情報が「情報」と勘違いしているのだ。
勿論、それらは情報だが情報化社会の本当の意味は「情報加工社会」と言うことである。

目の前にある情報をいかに自社に役立つように加工できるかが勝負を分けるのだ。

2017-04-17 09:03:53

チラシのプロになる1

テーマ:チラシのプロになる

キーワード:情報のエキスに敏感になれ!1

チラシに対して優れた能力を示す企業様に共通することは、「情報への敏感度」が高いということだ。

流行に敏感で左右されやすいと言うことではない。

起こっている現象に対してそのエキスを感じ、いかに自社に取り込んでいくかという能力である。
いわゆる情報の加工能力だ。