なうで紹介

あ行|印刷用語集

あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行印刷用語集

アーカイブ

[あーかいぶ]

複数のファイルやデータを、一つにまとめて保存したファイルのこと。通常、圧縮された状態のものをいう。

アート紙

[あーとし]

印刷用に使われる紙の一種で、表面に光沢があり白色で滑らかなのが特徴。高級紙に位置づけられ、写真や絵画の印刷に適している。「A1コート紙」とも表現される。

アイコン

[あいこん]

コンピューターの画面上に、ファイルやプログラム機能を小さな絵や記号で表したもの。

アウトライン化

[あうとらいんか]

入力した文字を図形として表現すること。そうすることにより、パソコンのOSやプリンタが違っても、文字が変わることなく表される。

アウトラインフォント

[あうとらいんふぉんと]

直線と曲線を組み合わせ、その中を塗りつぶして表現した書体のこと。
文字の拡大、縮小をしても形が崩れることなく、美しい文字を保持できる。

このページのTOPへ

赤字

[あかじ]

印刷等の関係で、文字確認の際に、書き込まれた訂正や修正指示のこと。赤ペンを使用することから、修正の指示を書き込むことを「赤字を入れる」という。

このページのTOPへ

あじろ綴じ

[あじろとじ]

印刷物の綴(と)じ方の一つ。紙の束を接着剤で止めて、表紙をくるんで製本する。
強度が高いのが特徴。

このページのTOPへ

頭合せ

[あたまあわせ]

ページを付け合せる際に、各ページの上部を向かい合わせて版をつけること。

このページのTOPへ

アタリ罫

[あたりけい]

レイアウトの際に、文字や写真、図柄などが入る位置を指定する線。仮に入れておく線であり、印刷はしない。

このページのTOPへ

圧胴

[あつどう]

印刷機で、インキを版あるいはブランケットから紙などに、圧力を加えてインキを転移させる円筒形の金属の胴のこと。

このページのTOPへ

アップグレード

[あっぷぐれーど]

パソコンで、本体の一部やソフトウェアを新しいバージョンに更新し、性能を向上させること。

このページのTOPへ

アップロード

[あっぷろーど]

コンピュータのデータやファイルを、ネットワークを通じてサーバーに送ること。

このページのTOPへ

後付

[あとづけ]

本の巻末につける、参考文献、あとがき、索引、奥付などの総称。

このページのTOPへ

アドイン・ソフト

[あどいん・そふと]

アプリケーションソフトやアプリケーションプログラムに組み込んで、機能を追加するためのソフトウェア。プラグインと呼ばれることもある。

このページのTOPへ

アプリケーション・ソフト

[あぷりけーしょん・そふと]

ユーザーが、文書の作成や表計算、画像の編集など特定の仕事を処理するために作成されたコンピュータソフトのこと。

このページのTOPへ

雨だれ

[あまだれ]

感嘆符「!」のこと。エクスクラメーションマーク。

このページのTOPへ

網点

[あみてん]

印刷物において、写真等の色の濃淡を表現するための大小の点のこと。網点同士の間隔を狭く、網点を大きくすることによって色が濃く見え、間隔を広く点を小さくすることにより、色が薄く見える。

このページのTOPへ

網点濃度

[あみてんのうど]

網点の面積率とベタを基準に算出される度合い。

このページのTOPへ

網掛け/網伏せ

[あみかけ/あみふせ]

写真やイラストなどの濃淡のある原稿を印刷できるように、点の集まりに置き換えること。

このページのTOPへ

合せ丁合い

[あわせちょうあい]

製本で、印刷された紙を折りたたんだものを、ページ順に集める作業を2回以上に分けて行うこと。ページ数が多い書籍などで、1回では取りきれないため分割して最後に合わせることをいう。

このページのTOPへ

板紙

[いたがみ]

厚紙の総称で、俗にいうボール紙のこと。紙質は比較的硬く、腰が強いのが特徴。種類も豊富でダンボールや紙箱のもととなる紙に多く使われる。

このページのTOPへ

イタリック

[いたりっく]

右斜めに傾いたローマ字の書体。

このページのTOPへ

糸かがり綴じ

[いとかがりとじ]

製本方法の一つで、印刷された紙を折りたたんだものを糸で縫うようにして綴じ合わせる。
強度が強いため、単行本や写真集のように表紙がかたく、丈夫で高級感のあるものに用いられる。

このページのTOPへ

イメージスキャナ

[いめーじすきゃな]

紙面上の文字や図版、絵、写真などを、デジタル情報としてコンピュータに取り込む装置。

このページのTOPへ

イメージセッター

[いめーじせったー]

コンピューターで印刷用に処理した文字や写真などを、色を確認するための紙や印刷用の版に出力するプリンタ装置のこと。

このページのTOPへ

イラストレーション

[いらすとれーしょん]

書物や広告で、文章の内容を具体的にするために用いられる、説明や装飾のための挿絵、図表、写真のこと。

このページのTOPへ

色合せ

[いろあわせ]

印刷の色を、指定の色見本の色に合わせること。

このページのTOPへ

色かぶり

[いろかぶり]

写真などの色合いが偏って、緑がかったり、青みがかったりしている状態。

このページのTOPへ

色校正

[いろこうせい]

カラーの印刷物で、指定された写真や部分が見本通りの色になっているか確認すること。

このページのTOPへ

色分解

[いろぶんかい]

カラー印刷用の各色の版を作るために、原稿の色をC(シアン)、M(マゼンタ)、Y(イエロー)、K(ブラック)の4色に色分けすること。

このページのTOPへ

印画紙

[いんがし]

写真フィルムなどに記録された画像を陽画にするための感光紙。

このページのTOPへ

インキ壺

[いんきつぼ]

印刷機のインキを溜めておくところ。

このページのTOPへ

インクジェットプリンター

[いんくじぇっとぷりんたー]

インクを非常に小さな粒にして、紙に噴射することで印刷するプリンタ。

このページのTOPへ

印圧

[いんあつ]

印刷するときに、版面やブランケット面のインキを、紙面に転移させるために加える圧力のこと。

このページのTOPへ

印刷適性

[いんさつてきせい]

印刷用紙やインキ、ロールなどの印刷材料に求められる適性のこと。

このページのTOPへ

インデックス

[いんでっくす]

書籍の巻末にある、用語や人名などの主要事項を抜き出して、掲載ページを示したリスト。

このページのTOPへ

インデント

[いんでんと]

文章中で、区切りをはっきりさせたり、読みやすくするために他の文章よりも行頭を下げること。

このページのTOPへ

インプット

[いんぷっと]

コンピュータで、データを記憶装置に入力すること。

このページのTOPへ

引用符

[いんようふ]

文章中で、他の文や語を引用したことを示す記号「」、『』、“”のこと。

このページのTOPへ

上付き文字

[うえつきもじ]

数式の「㎡」の「2」のように、基準となる文字の右肩につく小さな文字のこと。

このページのTOPへ

内校

[うちこう]

印刷会社などで、発注者に校正紙を渡す前に、色や文字の確認をすること。

このページのTOPへ

裏移り

[うらうつり]

インキが乾かないうちに印刷物を重ねたことにより、インキが上の印刷物に付着すること。または、印刷した文字などが紙の裏側から透けて見えること。

このページのTOPへ

裏罫

[うらけい]

活版印刷で使う罫の一つで、太さ0.4mm前後の線のこと。太い方の線を裏罫、細い方の線を表罫とよぶ。

このページのTOPへ

裏白

[うらじろ]

表面だけを印刷して、印刷されない裏面のページ。

このページのTOPへ

裏抜け

[うらぬけ]

印刷されたインキが紙の裏面に染み出て、文字や絵が透けて見えること。

このページのTOPへ

AMスクリーニング

[えーえむすくりーん]

網点を均等に配列し、網点の大きさに違いをもたせることで濃淡を表現する方法。

このページのTOPへ

FMスクリーニング

[えふえむすくりーん]

網点の大きさが一定で編み点の密度で濃淡を表現する方法。カレンダーやポスターなど、繊細な色の表現が求められる印刷に用いられる。

このページのTOPへ

HTML

[えっちてぃーえむえる]

インターネットのホームページを作成するための構造化タグ言語のこと。タグというマークを使って、文字の大きさや色、フォント、画像の文書構造を定義づける。

このページのTOPへ

エッチ液

[えっちえき]

オフセット印刷で浸し水に添加して、版面のインキが付着してはいけない部分に、インキが付かないようにする働きがある。

このページのTOPへ

A列本判

[えーれつほんばん]

用紙の標準原紙寸法の一つで、大きさは625mm×880mm。

このページのTOPへ

OCR

[おーしーあーる]

光学式文字読取装置。手書き文字や印刷された文字をスキャナなどで読み取り、文字データを入力する装置。

このページのTOPへ

追い込み

[おいこみ]

文章の行頭に受けかっこや句読点がこないように、字間をつめて処理すること。

このページのTOPへ

追い出し

[おいだし]

文章中の行頭、行末に禁則文字が来た場合に、前の行の字間をあけて禁則処理を行うこと。

このページのTOPへ

凹版

[おうはん]

印刷版の一つで、印刷する画線部がくぼんでいるもの。

このページのTOPへ

凹版印刷

[おうはんいんさつ]

版のくぼんだ部分にインキを入れ、紙などに転写する印刷方式。写真集や美術書、フィルムなどへの印刷に用いられる。

このページのTOPへ

オーバープリント

[おーばーぷりんと]

通常、薄い色の上に、濃い色を刷り重ねること。

このページのTOPへ

大断ち

[おおだち]

印刷した用紙を次の作業をしやすくするために、断裁すること。

このページのTOPへ

奥付

[おくづけ]

書籍や雑誌の巻末に、書名・著者・発行者・印刷者・発行日・定価などを記載した部分、またはそのページ。

このページのTOPへ

折丁

[おりちょう]

製本をするために、印刷された用紙を折りたたんだもの。

このページのTOPへ

オブジェクト

[おぶじぇくと]

イラストや図形を作成するソフトで、図形を構成する直線、曲線などの部品のこと。

このページのTOPへ

オフセット印刷

[おふせっといんさつ]

印刷方式の一つで、印刷版に着いたインキを転移してブランケットに写し、そこから紙にインキを写すことによって印刷する。

このページのTOPへ

オペレーター

[おぺれーたー]

機械設備やコンピュータ、システムの操作を行う人のこと。

このページのTOPへ

表罫

[おもてけい]

活字組版で使用する約0.1mmの細い罫線。表罫の方は細く、裏罫の方は太い。

このページのTOPへ

折りトンボ

[おりとんぼ]

製本の折る位置を指示した罫線のこと。

このページのTOPへ

オンデマンド印刷

[おんでまんどいんさつ]

必要なときに、必要な部数を印刷、製本して納品する印刷システム。

このページのTOPへ

オンライン・ソフト

[おんらいん・そふと]

インターネットを通じて利用できるソフトウェアのこと。無料で利用できるものや有料のもの、初めに購入が必要なものなどがある。

このページのTOPへ

オンライン入稿

[おんらいんにゅうこう]

デジタルデータの原稿を、通信回線などを利用して印刷会社に渡すこと。

このページのTOPへ

印刷用語集

印刷通販ウェブプレスの印刷用語集です。印刷・DTPに関する用語をわかりやすく説明しています。

365日語録

当たるチラシのヒントを毎日お届けする『365日語録』を始めました。効果的なチラシを作る手助け・アイデアを毎日配信していますので、ぜひご確認ください。

ウェブプレス