『当たるチラシのヒント』ウェブプレス365日語録

当たるチラシにはルールがある。
毎日30秒で、効果的なチラシの作り方をお届けします。

2017-04-28 09:40:17

物売り発想のチラシが当たらなくなった5

テーマ:物売り発想のチラシが当たらなくなった

キーワード:ディスカウンター型チラシ2

「ディスカウンター型チラシ」でいくのか「バリュー型チラシ」でいくのか。

「ディスカウンター型チラシ」というのは、とにかく他店よりも安い!ということをアピールすればよい。
カンタンだ。

それに比べて、「バリュー型チラシ」というのはテクニックが必要だ。
ではどうすれば貴方の店や会社の価値を理解してくれるお客様を集客でき、ファン作りに繋がるチラシに繋がるのか。
是非チャレンジしたい。

2017-04-27 09:05:49

物売り発想のチラシが当たらなくなった4

テーマ:物売り発想のチラシが当たらなくなった

キーワード:ディスカウンター型チラシ1

スーパーのチラシでも明らかに「安売り型=ディスカウンター型」と「提案型=バリュー型」に分かれた。

「安売り型」と「提案型」ではチラシ作りも全く異なる。

「安売り型」は目玉商品や値下げなどの価格訴求をするのに対して、「提案型」は夕食のレシピ提案や産地紹介、生産紹介といったことが表現されている。

また、カラーや写真などのチラシデザインも違ってくる。

2017-04-26 09:09:27

物売り発想のチラシが当たらなくなった3

テーマ:物売り発想のチラシが当たらなくなった

キーワード:価格で勝負できるのは・・・3

基本的に、成熟期となった市場で「価格」で勝負ができるのは商圏で一番の「ディスカウンター」であり、もっとも安い価格で商品を提供できる店や会社が勝つ。

二番目に安い店や会社は存在しないのだ。

一方、価値を提供していくとなると、多くの店や会社が存在できることになる。
なぜなら、成熟期では人の価値観も多様化するからだ。

2017-04-25 09:12:01

物売り発想のチラシが当たらなくなった2

テーマ:物売り発想のチラシが当たらなくなった

キーワード:価格で勝負できるのは・・・2

成熟期になると中途半端な商品を作ったり、他社と差別化できない売り方をしている店は淘汰されてしまう。

価格が高いのか、安いのかといった価格で判断する場合と、提案力、価値で判断される場合がある。

価格で判断される店では価格交渉をされ、価値で判断される店では「ファン客」を作ることができる。

2017-04-24 09:10:03

物売り発想のチラシが当たらなくなった1

テーマ:物売り発想のチラシが当たらなくなった

キーワード:価格で勝負できるのは・・・1

今あらゆる業界が「成熟期」に突入したと言われている。

成熟期の特徴を一言で言えば、「需要」以上に供給があると言うことだ。
つまり、ビジネスの主導権が売り手や作り手から買い手、つまりお客様側に移った状態が成熟期と言える。
いわゆる物あまりの世の中なのだ。

物あまりになると、売れる商品は大きく二つしかない。

一つは、「どこよりも安い商品」
そしてもう一つは、「他にはない価値がある商品」