『当たるチラシのヒント』ウェブプレス365日語録

当たるチラシにはルールがある。
毎日30秒で、効果的なチラシの作り方をお届けします。

2017-05-09 09:21:33

大事なのはチラシのインパクト6

テーマ:チラシのノウハウ

キーワード:キャッチコピー6

納得感を与えるには、そのイベントに「大義名分」をつけると良い。

大義名分に関しては、今まで何度かお伝えしてきたので、ご理解頂ける方も多いと思う。

例えば、住宅会社の場合だと、キャンペーンとして次のような企画が考えられる。
「10周年記念!省エネルギー住宅がジャスト1000万円」
この場合なら「10周年記念」が大義名分となる。

2017-05-08 09:04:31

大事なのはチラシのインパクト5

テーマ:チラシのノウハウ

キーワード:キャッチコピー5

キャッチコピーの分類として、一つ目は「新規性が目立つような表現」、二つ目は「商品価値×ターゲット訴求」、三つ目は具体的な「イベント訴求」がお客を呼ぶと言うことだ。

キャンペーンや感謝フェアといったイベント名をタイトルに表現する。

この場合も、当たるコピーとそうでないものがある。
そのポイントは、「納得感があるかどうか?」や「具体的かどうか」あるいは、「賑わい感が感じられるかどうか」である。

2017-05-07 09:05:07

大事なのはチラシのインパクト4

テーマ:チラシのノウハウ

キーワード:キャッチコピー4

お買い得な商品だと思わせるためには、2軸で考えることが必要だ。

つまりその商品の最大の特徴は何なのか?
そして、その商品の特徴をもっとも評価するお客様とはどんなお客様なのか?

その2軸で考えること。
それができたらその二つをタイトルで表現していくようにする。

2017-05-06 09:14:50

大事なのはチラシのインパクト3

テーマ:チラシのノウハウ

キーワード:キャッチコピー3

キャッチコピーの分類として、一つ目は「新規性が目立つような表現」、二つ目は「商品価値×ターゲット訴求」だ。

これはターゲットを想定し、ズバリそのターゲットに対して訴求をしていくものだ。

「あなたにとってお買い得な商品ですよ」と思わせることができれば反応が上がる。

2017-05-05 09:07:51

大事なのはチラシのインパクト2

テーマ:チラシのノウハウ

キーワード:キャッチコピー2

キャッチコピーを分類すると基本的には3つに分かれる。

一つ目は、「新規性が目立つような表現」だ。

人の習性として、新しいものには高い反応を示す。
したがって、新規性を表現する言葉は積極的に使っていきたい。

2017-05-04 09:02:11

大事なのはチラシのインパクト1

テーマ:チラシのノウハウ

キーワード:キャッチコピー1

キャッチコピーは以前も触れたが、繰り返し別の視点からも解説しておこう。
それだけ大事なテーマだ。

まずキャッチコピーの基本中の基本、インパクトである。

ただ、インパクトがあるキャッチコピーなんて無数に存在しそうだし、何を選んだらよいのかわからないわけだ。
そのため、キャッチコピーも分類が必要になってくるのだ。