このエントリーをはてなブックマークに追加
なうで紹介

データチェックについて

弊社では、入稿データは完全データ入稿でお願いしております。完全データとは、弊社にて修正の必要がない印刷に適した完成されたデータの事です。
データご入稿後に弊社でデータのチェックを行いますが、不備が見つかった場合には、データの再入稿が必要となりますので、必ず入稿前にお客様自身でデータチェックを行ってください。

データチェック項目

下記項目に1点でも該当した場合にはデータチェック完了とはならない為、データの再入稿、またはお客様よりご指示をいただく必要がございます。納期の遅延の原因となりますので、必須チェック項目をご入稿前にもう一度ご確認ください。その他、気付いた点がございましたら、確認の為に弊社よりご連絡する場合があります。
なお、ご連絡がとれない場合は印刷不可能な問題ではない限り、納期遅延になってしまう為、やむを得ずデータ通りにて印刷を行います。

データチェックの項目は以下のとおりです。

リンク画像などのデータが揃っていますか?

入稿の際には、必要なデータをすべて1つのフォルダに入れ、フォルダごと圧縮して1つの圧縮ファイルで送信してください。使用した画像等の入れ忘れにはご注意ください。

また、作成途中のデータ等、不要なデータは入れないでください。間違ったデータでの出力等のトラブルの原因となります。ご注意ください。

サイズは正確に作成されていますか?トンボ・塗り足しは作成されていますか?

データは必ずご注文されたサイズで作成してください。またIllustratorで制作されるときはトンボ(トリムマーク)を作成しているか確認してください。そのトンボは正確な印刷仕上がりサイズに基づいて作成されているかご確認してください。

輪転サイズで作成する場合

画像や文字が印刷面サイズを超えて作成されていないかご確認してください。

規格サイズ・化粧断裁が必要なサイズで作成する場合

塗り足しを四方に3mmづつ作成しているかご確認してください。

(Illustratorの生データ入稿の場合)フォントは全てアウトライン化されていますか?

入稿の際はすべてのフォントがアウトライン処理されているかご確認してください。
アウトライン化されていない場合には、印刷時に文字化けをおこしてしまいます。

アウトライン処理後のフォントは図柄と同じ扱いとなりますので、アウトライン処理前のデータも必ず別に保存しておいてください。(アウトライン処理前のデータを残していないと文字処理ができなくなります。)

(QuarkXPress/Officeの生データ入稿の場合)弊社環境にあるフォントを使用していますか?

弊社環境に無いフォントでデータを作成された場合、生データで入稿されますと、入稿時に別のフォントに置き換わってしまいます。弊社のフォント一覧をご覧の上、なるべくフォント一覧にある書体でデータ作成をお願い致します。

校正について

生データで入稿された場合には、入稿後に弊社より確認校正用のPDFデータをお送りしますので、必ずご確認してください。
ご確認後に問題がない旨の連絡をいただいてから次行程に進めさせていただきます。
確認校正のチェック漏れによる印刷トラブルに対する保証は致し兼ねます。
詳しくはご利用ガイドの「校正について」をご覧ください。

(印刷用PDF/プリンタファイル入稿の場合)正しい設定で作成されていますか?

印刷用PDFデータまたはプリンタファイルデータで入稿する場合には、各ソフトウェア別の作成方法をご確認の上作成してください。

ご注意

上記『印刷用PDF作成方法』以外の方法で作成されたPDF、または他のソフトウェアを利用して作成されたPDFでのご入稿の場合、データを確認させていただいてから、印刷対応が可能かどうかの判断をさせていただく必要があります。データの状態によりましては、印刷ができない場合もあります。ご了承ください。

校正について

プリンタファイルでのご入稿の場合、お客様による校正が必要となる為、納期が1営業日追加されます。詳しくはご利用ガイドの「校正について」をご覧ください。

4色刷り面はCMYKで、1色面はグレースケールで作成されていますか?

弊社では、ご注文時またはデータご入稿時にご指示がない場合には、データ上のカラーチェックはデータチェックの対象とはなりません。ご注意ください。

4色刷りの場合

Illustrator・Photoshop・InDesign・QuarkXPressに関しましては、必ずCMYKで作成してください。(Officeの場合にはRGBモードになります。)
RGBデータでの入稿につきましては、弊社にてCMYK変換を行うかたちとなるため、色目が変わることがありますが、その点をご了解いただける場合のみご対応をさせていただけます。(色目の変化についてはご了承いただいているものとして進めさせていただきます)

1色刷りの場合

Illustrator・Photoshop・InDesign・QuarkXPressに関しましては、必ずグレースケール(またはK版のみ)で作成してください。(Officeの場合にはRGBモードになります。)
CMYの不要な色の使用や、RGBモードでの作成の場合には、モニター上では一見モノクロに見えるものでも4色となっていますので、ご注意ください。印刷時に必要な部分の抜けや、思いがけない色変換結果となる場合がございますので、ご注意ください。

保存形式は適した形式になっていますか?

Illustratorの場合

使用したバージョンに合わせて保存してください。

Illustrator5.5

EPS形式
プレビュー:8-bit Macintosh
コンパチビリティー:Illustrator 5J
配置されたイメージを含む:オン
日本語版ファイルフォーマットを使用:オン
ダウンロード用フォントデータを含む:オン

Illustrator7.0.1

Illustrator EPS形式
互換性:必ず作成バージョンを選択してください
プレビュー:8-bit Macintosh
配置されたイメージを含む:オン
サムネールを作成:オフ
フォントデータを含む:オン

Illustrator8.0.1

Illustrator EPS(CMYK)形式
互換性:必ず作成バージョンを選択してください
プレビュー:任意で設定してください
配置した画像を含む:オン
サムネールを作成:オフ
日本語版のファイル形式を使用:オン
フォントデータを含む:オン
CMYKポストスクリプト:オン
ポストスクリプト:3

Illustrator9.0.2・Illustrator10.0.3

Illustrator EPS(CMYK)形式
互換性:必ず作成バージョンを選択してください
プレビュー:任意で設定してください
配置した画像を含む:オン
サムネールを作成:オフ
フォントデータを含む:オン
日本語版のファイル形式を使用:オン
CMYKポストスクリプト:オン
ポストスクリプト:3

IllustratorCS・IllustratorCS2・IllustratorCS3・IllustratorCS4・IllustratorCS5・IllustratorCS6

Illustrator EPS形式
【プレビュー】
形式:任意で設定してください
【透明】
オーバープリント:任意で設定してください
設定:高解像度
【フォント】
他のアプリケーション用にフォントを埋め込む:オン
【オプション】
配置した画像を含む:オン
サムネールを作成:オフ
CMYK PostScriptをRGB ファイルに含む:オン
コンバチブルグラデーション&グラデーションメッシュプリント:オフ
Adobe PostScript(R):3

IllustratorCC・IllustratorCC2014・IllustratorCC2015

Illustrator EPS形式
【プレビューフォーマット】
形式:任意で設定してください
【透明】
オーバープリント:任意で設定してください
設定:高解像度
【オプション】
他のアプリケーション用にフォントを埋め込む:オン
配置した画像を含む:オン
サムネールを作成:オフ
CMYK PostScriptをRGB ファイルに含む:オン
コンバチブルグラデーション&グラデーションメッシュプリント:オフ
Adobe PostScript(R):3

Photoshopの場合

全バージョン共通

すべてのチェックを外して保存して下さい

Mac版

通常 Photoshop EPS→Macintosh(8 bit/pixel)→JPEG-最高画質(低圧縮率)
モノクロ2階調 Photoshop EPS→Macintosh(1 bit/pixel)→バイナリ

Win版

通常 Photoshop EPS→TIFF(8 bit/pixel)→JPEG-最高画質(低圧縮率)
モノクロ2階調 Photoshop EPS→TIFF(1 bit/pixel)→バイナリ

画像の解像度は適切になっていますか?

弊社では貼り込み画像の解像度は、原寸で350〜400dpiを推奨しております。
解像度(dpi)は、デジタル画像のきめの細かさを指しています。間違いの例として、インターネットでキレイに見えている画像をそのまま印刷にと思い、使用されている場合がございます。しかし、WEB用の画像は72dpiとなっており、モニタ表示に最適な解像度ではありますが、印刷すると粗くなってしまいます。ご注意ください。

濃度オーバーしていませんか?

掛け合わせの濃度があまりに濃すぎると、大量のインキが使われることによって乾きが悪くなり、重なった別の紙にインキが写ってしまう場合があります。これを濃度オーバーといいます。
これを避ける為、掛け合わせの合計が、コート紙なら280%以内に、マットコート紙なら260%以内に収まるように作成してください。
詳しくはこちらをご覧ください。

ご入稿方法手順

データチェックについて弊社確認用データの作成について印刷用PDF/プリンタファイルの作成ついて
データの圧縮についてデータ入稿について