このエントリーをはてなブックマークに追加
なうで紹介

InDesign のデータ作成方法

ここではAdobe InDesignでデータ作成をする際の、注意事項を記載しています。

バージョンについて

各バージョンの最新版は以下のサイトで更新できます。
http://www.adobe.com/jp/downloads/updates/(Adobe社サイト-アップデート情報のページへ)

ご注意

必ず最新バージョンにアップデートされたアプリケーションをご使用ください。最新版でないアプリケーションで作成されたデータをご入稿していただいた場合、弊社でのデータチェックで不具合やエラーの発見ができない恐れがあります。

サイズについて

ドキュメントには仕上がりサイズを設定してください。
塗り足しがある場合は仕上がりサイズの外に3mmはみだして作成してください。

カラー設定について

①メニューバーの「編集」→「カラー設定…」を選択して「カラー設定」のウインドウを開いてください
②作業用スペース
 RGB:Adobe RGB (1998)
 CMYK:Japan Color 2001 Coated

Illustratorデータを配置する場合

文字をアウトライン化済みのEPS形式で配置してください。

EPSオプションの設定

【互換性】 必ず作成バージョンを選択してください。
【オプション】 配置した画像を含む:オン
フォントデータを含む:オン
CMYKポストスクリプト:オン

トンボについて

罫線等でトンボを入れないでください。

PDF書き出しの前に

InDesignからPDFを作成する前に、配置されている画像やデータに異常がないか確認すると、PDF作成時のトラブルを回避する事ができます。

画像やデータの異常をチェックする(プリフライト)

  • InDesignの「ファイル」メニューより、プリフライトを選択してください。
  • 自動的に、印刷に適したデータかどうかのチェックが行なわれます。
  • マークが表れた項目は、何らかのデータが足りないなど、入稿に問題のある可能性があるということですので、該当箇所を修正されることをお勧めします。

印刷用PDF入稿について

InDesignで作成したデータは必ず印刷用PDFにしてご入稿ください。印刷用PDFには、データの入れ忘れが無くなる、データが軽くなり送信時間が短縮される等のメリットがあります。

InDesign の印刷用PDFデータ作成方法はこちらをご覧ください。

データの作成方法

印刷全般 > 印刷の基礎知識
Illustrator > Illustrator のデータ作成方法 > Illustrator の印刷用PDFデータ作成方法
Photoshop > Photoshop のデータ作成方法
InDesign > InDesign のデータ作成方法 > InDesign の印刷用PDFデータ作成方法
QuarkXPress > QuarkXPress のデータ作成方法 > QuarkXPress の印刷用PDFデータ作成方法
Office > Officeのデータ作成方法 > Officeのプリンタファイル入稿について