このエントリーをはてなブックマークに追加
なうで紹介

QuarkXPress のデータ作成方法

ここではQuarkXPressでデータ作成をする際の、注意事項を記載しています。

バージョンについて

必ず各バージョンの最新版にアップデートしてから、ご使用ください。

 出力エラーなどの問題が発生しております。バージョン 3.3r2、4.0x、 6.1は使用しないでください。

各バージョンの最新版は以下のサイトでダウンロードできます。

http://www.quark.com/jp/Support/Downloads/

サイズについて

ドキュメントには仕上がりサイズを設定してください。
塗り足しがある場合は塗り足しを加えたサイズを設定してください。
(例 A4 塗り足し無し_210×297 → 塗り足し有り_216×303)

フォントについて

QuarkXPressはアウトラインが取れませんので、対応フォント以外のフォントはご使用になれません。
弊社対応外のフォントがないかご確認ください。

弊社のフォントの対応状況はこちらでご確認ください。

カラー設定について

①メニューバーの「編集」→「カラー設定…」を選択して「カラー設定」のウインドウを開いてください
②作業用スペース
 RGB:Adobe RGB (1998)
 CMYK:Japan Color 2001 Coated

Illustratorデータを配置する場合

文字をアウトライン化済みのEPS形式で配置してください。

EPSオプションの設定

【互換性】 必ず作成バージョンを選択してください。
【オプション】 配置した画像を含む:オン
フォントデータを含む:オン
CMYKポストスクリプト:オン

XTension

標準以外のXTensionは使用しないでください。

トンボ

罫線等でトンボを入れないでください。

最終確認

  • 「フォント使用状況」、「画像使用状況」でデータに問題がないかご確認ください。
  • イラストレーターのデータでフォントをご使用の場合、アウトラインをお取りください。
  • ご入稿前に画像などデータの抜けがないかご確認ください。

弊社確認用データについて

ご入稿の際には必ず弊社確認用データ(EPS保存)を完全データと併せてご用意ください。QuarkのデータはIllustratorやPhotoshopのみで作成されたデータと比べて、ページ構成などが複雑になるケースが多くなります。ページごとの弊社確認用データをご用意ください。

印刷用PDF入稿について

バージョン8をご使用の場合のみ、印刷用PDF入稿をご利用いただけます。
作成したデータを入稿用として印刷用PDFにしていただくと、データの入れ忘れが無くなる、データが軽くなり送信時間が短縮される等のメリットがあります。ぜひご利用ください。

QuarkXPress の印刷用PDFデータ作成方法はこちらをご覧ください。

校正について

QuarkXPressでのご入稿の場合、お客様による校正が必要となる為、納期が1営業日追加されます。詳しくはご利用ガイドの「校正について」をご覧ください。

データの作成方法

印刷全般 > 印刷の基礎知識
Illustrator > Illustrator のデータ作成方法 > Illustrator の印刷用PDFデータ作成方法
Photoshop > Photoshop のデータ作成方法
InDesign > InDesign のデータ作成方法 > InDesign の印刷用PDFデータ作成方法
QuarkXPress > QuarkXPress のデータ作成方法 > QuarkXPress の印刷用PDFデータ作成方法
Office > Officeのデータ作成方法 > Officeのプリンタファイル入稿について