このエントリーをはてなブックマークに追加
なうで紹介

Windows 変換オプション

弊社では、従来のような「Illstrator」「Photoshop」等の本格的なDTPソフトを使用しなくとも、使い慣れた「Word」「Excel」のOfficeソフトでデータを作成している場合でも、手軽に印刷をご利用頂けるようになりました。

入稿方法

  • データを直接弊社に入稿していただく「Windows データ入稿」
  • 一旦データをプリントアウトして弊社まで送って頂き、その紙原稿をスキャンして印刷する「紙原稿支給のスキャン印刷入稿」

の2種類での対応となります。

データ入稿の場合

弊社では、OfficeのWindowsデータについて、「AVANAS MultiStudio」という変換ソフトを用いて印刷用データに変換することで対応しており、本格的なDTPソフトを使用しなくとも、手軽に印刷をご利用いただけます。
Windowsデータの入稿には「Windows生データ入稿」と「プリンタファイル入稿」がございます。

対応OS・ソフト
Windows版のみ対応

メーカー 対応アプリケーション 対応バージョン(いずれも日本語版)
Microsoft Office Word 2000|2002|2003|2007|2010|2013
Microsoft Office Excel 2000|2002|2003|2007|2010|2013
「Windows生データ入稿」とは

Windowsデータをそのまま入稿していただき、弊社にて印刷用データに変換し印刷します。
弊社で変換するため、フォントの有無や環境の違いによって印刷用データへの変換時に体裁が崩れる場合がございますので、弊社よりお送りする確認校正用データを必ずご確認下さい。
Officeの詳しいデータ作成方法に関しましては下記よりご確認ください。
体裁の崩れなどが気になるお客様は、下記の『「プリンタファイル入稿」とは』をご覧下さい。

「プリンタファイル入稿」とは

大日本スクリーン製造株式会社より無償配布されている、「SCREEN MultiStudioドライバー(プリンタードライバー)」を用いて、お客様側で出力した「プリンタファイル(中間ファイル)」を入稿していただく方法です。
「プリンタファイル(中間ファイル)」とは、Windowsデータを印刷用データに変換するソフトである「AVANAS MultiStudio」で読み込むためのファイルの事をいいます。
お客様側の環境で「プリンタファイル(中間ファイル)」を作成することで、体裁の崩れなど、ほとんどの問題が解消されます。
「プリンタファイル入稿」をご希望のお客様は、「プリンタファイル入稿について」のページをよくご確認ください。

データ入稿方法

従来通りに、データ入稿ページからのご入稿・メール添付、または、配達でのご入稿となります。
詳しくはデータのご入稿についてをご覧ください。

変換料金について

サイズ・色数を問わず、無料となります。(原寸で作成されていない場合には料金が発生する場合がございます。)

色見について

Windowsデータは色をRGBで表現しているのに対し、印刷用データは色をCMYKで表現しています。そのため、ご入稿いただいたWindowsデータを印刷用に変換すると色目が変わりますので、あらかじめご了承下さい。

校正について

Windows Office、プリンタファイルでのご入稿の場合、お客様による校正が必要となる為、納期が1日追加されます。詳しくはご利用ガイドの「校正について」をご覧ください。

お願い

入稿データに修正の必要がある場合、再入稿をお願い致します。原則として弊社では修正を行いません。このような場合、希望納期に間に合わないケースも生じますので、データ作成・データ入稿の注意点をよくご覧の上、データの作成・入稿をお願い致します。
入稿データは、別途、お客様にて必ずバックアップを取っておいて下さい。

紙原稿入稿の場合

「紙原稿入稿」の場合、データを作成するソフトに一切の制限はありません。
Officeデータ入稿時に起こりがちなデータトラブルも心配不要になります。
紙原稿入稿をご希望のお客様は、作成された原稿データをお客様にて一旦プリントアウトして頂き、それを弊社にご支給頂きますと、弊社にてご支給頂いたプリントアウト原稿をプロ用高精細スキャナーでスキャニングした上で、印刷する形となります。
お客様の使い慣れたソフトでデータを作成して下さい。
但し、スキャン印刷である為の問題点もあります。必ず紙原稿支給のスキャン印刷入稿についてをよくご確認ください。

デザイン制作サービス