『当たるチラシのヒント』ウェブプレス365日語録

当たるチラシにはルールがある。
毎日30秒で、効果的なチラシの作り方をお届けします。

2019-12-31 09:08:47

「集客アイテム」と「主力アイテム」10

テーマ:アイテム

キーワード:集客商品はアイテム数を強化せよ2

集客商品の例で言うと、スーパーだと卵が挙げられるだろう。

卵は一つではなく、様々な価格の卵を入れることがポイントである。

例えば、98円の目玉商品、128円のビックサイズ、158円の名古屋コーチン、198円のヨード卵、298円の健康卵など各グレード別に多種類の卵をチラシに入れるのだ。

今までは目玉ハンターがお客様として来ていたが、こだわりをもった商品に対して興味を持っているお客様が来始める。

2019-12-30 09:05:30

「集客アイテム」と「主力アイテム」9

テーマ:アイテム

キーワード:集客商品はアイテム数を強化せよ1

集客商品の強化ポイントは何か。

一番重要なのは、チラシ上「多アイテム」であるということである。

多アイテム、つまりは多くの種類のチラシに投入することができるのが絶対条件である。

2019-12-29 09:15:48

「集客アイテム」と「主力アイテム」8

テーマ:アイテム

キーワード:他社に負けない集客商品を作れ4

実は、集客商品にもっとも魂を込めるべきなのだ。

特に、不況期こそ「低単価集客商品」に力を入れるべきである。

ただでさえ、集客が落ちている不況期こそ、集客を上げる努力がないといけない。
それも安易な安売りではなく、単価の低い商品を強化することによって新たなお客様を呼び込むのである。

2019-12-28 09:18:12

「集客アイテム」と「主力アイテム」7

テーマ:アイテム

キーワード:他社に負けない集客商品を作れ3

一番の集客商品とは、一番個数が売れる商品である。

そのため、自店で値段や粗利益はともかく、一番個数が売れるのがもっとも集客のために活かせる商品なのだ。

意外や意外、集客商品がチラシに掲載できていないもったいないケースが多い。
空気みたいな存在の集客商品を如何にしてチラシで訴求できるかが実は勝負所なのに。

2019-12-27 09:20:32

「集客アイテム」と「主力アイテム」6

テーマ:アイテム

キーワード:他社に負けない集客商品を作れ2

皆様の会社あるいは店舗で一番の集客商品は何ですか?と聞くと、誤った回答が帰ってくるケースが多い。

つまり、もっともその店で販売している商品があげられるのだ。

それは、商品力と接客力が合い備わってなりなっているケースが多いため、集客商品の定義を誤ってはいけない。

2019-12-26 09:20:28

「集客アイテム」と「主力アイテム」5

テーマ:アイテム

キーワード: 他社に負けない集客商品を作れ1

忘れてはならない原則は、チラシ=集客であるということ。

どうしても売ることが前提であるので、チラシ=販売として見られる意識が高い。
また、集客と販売を混同して考えがちである。

そこで、重要になってくるのが、「集客商品」の強化だ。

集客商品とは、客数の多い商品を指す。
客数が多いということは、一人のお客様が繰り返し購買する、つまり購買頻度の高さを示す。

2019-12-25 09:03:14

「集客アイテム」と「主力アイテム」4

テーマ:アイテム

キーワード:「集客」と「販売」は違う4

高額品になると「提案力」という営業の中でも高度な技術が求められるため、チラシではその説明には限界がある。

住宅リフォームで言えば、集客のためには、比較的単価の低い水回り商品である「トイレ・バス・キッチン」などを中心に掲載し、更に単価の低い「クロスの張り替え」などを積極的に掲載するべきである。

2019-12-24 09:38:28

「集客アイテム」と「主力アイテム」3

テーマ:アイテム

キーワード:「集客」と「販売」は違う3

チラシは販売(セールス)のことは意識するべきではないが、これは特に高額商品の場合は気を付けなければならない。

例えば、住宅リフォームで言えば単価が高くて利益も大きい商品は「増改築」であり、1件500万円~1000万円くらいする。

営業マンも売りたい商品であるが、いくら売りたいからといってそれをチラシ全面に出してはいけない。
集客力が落ちるからだ。

2019-12-23 09:24:19

「集客アイテム」と「主力アイテム」2

テーマ:アイテム

キーワード:「集客」と「販売」は違う2

大事なことは、「チラシは販売(セールス)のことは意識するべきではない」ということだ。

意識しすぎると集客力が落ちることがしばしばある。

繁盛店や一番店ほど、上手にその切り替えをしており、集客が強い店が当然売上も大きい。
逆の言い方をすれば「集客の強さ」が店舗や企業の強さとも言い換えられる。

2019-12-22 09:59:46

「集客アイテム」と「主力アイテム」1

テーマ:アイテム

キーワード:「集客」と「販売」は違う1

集客するための商品と売りたい商品は違う。

集客のために、自分達が売りたい商品(=項粗利益商品)を活用しても、その商品のよさはチラシではわかりづらいことが多い。
それは販売の役割である。

集客のためには集客用の商品が必要なのだ。

2019-12-21 09:36:32

チラシは「イメージ化」が大切23

テーマ:イメージ化

キーワード:感情表現をリアルにする6

テニススクールのチラシではどうだろうか。

テニスの接客技術もさることながら、定期的に通い続ける必要があり、かつ数人の仲間達と一緒にレッスンを受ける。

故に、「楽しい仲間とともにテニスを習うことができる」ことがベストイメージである。

2019-12-20 09:18:12

チラシは「イメージ化」が大切22

テーマ:イメージ化

キーワード:感情表現をリアルにする5

学習塾やスクールビジネスなどは圧倒的にお客様の笑顔である。

例えば、学習塾のベストイメージは当然、成績アップした子供の笑顔である。

例えば、子供が笑顔で「○○点アップ」というメッセージと共に笑顔でピースしている写真を多く並べるとより購買意欲がわくチラシになる。

2019-12-19 09:21:16

チラシは「イメージ化」が大切21

テーマ:イメージ化

キーワード:感情表現をリアルにする4

例えば、パチンコ店のチラシであれば大当たりがかかる直前の瞬間を見つめてドキドキしている表情がベストイメージであるので、その様子をビジュアル化すれば購買意欲を動かしやすい。

2019-12-18 09:59:21

チラシは「イメージ化」が大切20

テーマ:イメージ化

キーワード:感情表現をリアルにする3

不況期になるとサービス業はブレーキがかかる。

逆に不況の影響でマイナスイメージが広がる中、不満解消や快感享受的なものであるので、感情にうまく訴えることができれば購買意欲が沸いてきやすい。

その点をビジュアルに載せれば比較的うまくいきやすい。

2019-12-17 09:13:27

チラシは「イメージ化」が大切19

テーマ:イメージ化

キーワード:感情表現をリアルにする2

サービス業ほど売り手と買い手が接近するものはない。

とりわけ、美容院やマッサージ業はお客様に直接触れるので、それだけ信頼関係がないと成立しない。
故に不安が感じられると新規客はまず来店してこない。
故に、安心感・信頼感という目に見えない部分をあらわす必要があるのだ。

そこには、スタッフの笑顔やお客様の笑顔をふんだんに見せる必要がある。

2019-12-16 09:48:25

チラシは「イメージ化」が大切18

テーマ:イメージ化

キーワード:感情表現をリアルにする1

サービス業の場合はどうだろうか。

サービス業はモノを売るわけではないので、接客やスタッフの人間力がモロに跳ね返ってくる。

極端に言えば、笑顔一つで売上は大きく変わるのだ。

旅行、旅館、美容院、マッサージ、カルチャー教室、学習塾など全てヒトが商品である。
当然、ベストイメージもヒトの要素が欠かせないが、中でも安心感・信頼感が重要だ。

2019-12-15 09:00:31

チラシは「イメージ化」が大切17

テーマ:イメージ化

キーワード:商品購入の真の目的を知ることがイメージ化の第一歩5

クルマのチラシの多くは、外観のデザイン中心のものが多いが、あまり機能性を重視していないように見受けられるため、差別化を図るためには機能性を入れると良い。

例えば、女性が実際にクルマに乗っている様子や驚いている表情などを入れるなど、よりリアルに伝わるようにするのだ。

もっとチラシ上で機能性について訴求するべきだ。

2019-12-14 09:09:20

チラシは「イメージ化」が大切16

テーマ:イメージ化

キーワード:商品購入の真の目的を知ることがイメージ化の第一歩4

家電製品、クルマ、住宅などの耐久消費財系はやはり使っている様子をリアルに訴求することが重要だ。

大型の薄型TVであればスポーツ番組を見ながら家族全員で応援している様子で盛り上がっている様子と興奮のイメージを作ることである。

テレビを購入する目的は家族で楽しむ興奮を享受するためだ。

2019-12-13 09:30:23

チラシは「イメージ化」が大切15

テーマ:イメージ化

キーワード:商品購入の真の目的を知ることがイメージ化の第一歩3

衣料品を買うときを想像して欲しい。

目的はなんといっても、着た瞬間の変身願望や自己顕示が衣料品を買う欲望へと直結させる。

機能性よりもやはり見栄えが重要になる。

紳士服であれば、仕事に自信を持ち勇気を持って商談に出かける様子などを入れると良いということになる。

2019-12-12 09:42:18

チラシは「イメージ化」が大切14

テーマ:イメージ化

キーワード:商品購入の真の目的を知ることがイメージ化の第一歩2

住宅を購入するときを思い起こして欲しい。

目的は、今の時代ズバリ「新生活への期待」である。

故に住宅のチラシではただキッチンを見せるだけではイメージが沸かない。
そこには、母と娘が楽しそうに一緒にクッキングをしている様子やリビングでは家族がくつろぎながら大型テレビを見ている様子などを見せることにより家を欲しいという欲求を喚起できる。

2019-12-11 09:21:16

チラシは「イメージ化」が大切13

テーマ:イメージ化

キーワード:商品購入の真の目的を知ることがイメージ化の第一歩1

食品以外の衣料品や住関連商品でのイメージ化はどのように考えていくのか。

その際、大事なのは商品購入の真の目的である。

売り手は、その商品を売っているが、その根底にある本当の理由を知らないことは多い。
なぜならば、買い手自信が気づいていない本当の理由は潜在化していることが多いからだ。

2019-12-10 09:23:20

チラシは「イメージ化」が大切12

テーマ:イメージ化

キーワード:ベストイメージは商品別・客層別がポイント4

「商品別」のイメージ化、そして「客層別」のイメージ化。

日本酒はどうだろうか。

日本酒の多くは中高年の男性である。
そのためにおじさんの酒飲み心理を知らなければならない。

では、酒のみのベストイメージとは何か?

言うまでもなく、お酒が一番旨いのは最初の一杯目であり、口をつけるほんの一瞬前がベストイメージである。
故におちょこに口をつける瞬間のイメージをチラシに打ち出すのである。

2019-12-09 09:16:03

チラシは「イメージ化」が大切11

テーマ:イメージ化

キーワード:ベストイメージは商品別・客層別がポイント3

「商品別」のイメージ化、そして「客層別」のイメージ化がある。

当然であるが、売りたい客層によりイメージ化も変わってくる。

今日のりんごは高齢者に売りたいりんごであれば、元気なおばあちゃんがりんごを食べて驚いている様子を見せるべきだ。

しかも、「え!?このりんご!やわらかい!」と言っているサプライズの顔を入れるべきである。

2019-12-08 09:15:22

チラシは「イメージ化」が大切10

テーマ:イメージ化

キーワード:ベストイメージは商品別・客層別がポイント2

「商品別」のイメージ化。
続いては、りんごはどうだろうか。

りんごは当然あまさと食感である。

それをイメージさせるには、やはり子供が喜んでりんごにかぶりついている様子や口いっぱいにほうばっている様子を写真に写してチラシに入れるべきだ。

2019-12-07 09:51:27

チラシは「イメージ化」が大切9

テーマ:イメージ化

キーワード:ベストイメージは商品別・客層別がポイント1

イメージ化は業界によって異なる。細かく言うと、「商品別」がある。

例えば、食品でも色々とベストイメージが異なる。

例えば、牛肉ではナイフを入れた瞬間にベストイメージが溢れる。
焼きあがった牛肉を食べる前にナイフを入れてやわらかさを体感した瞬間、肉のとろけるような柔らかさ、ジューシーさを想像するのである。

2019-12-06 09:52:30

チラシは「イメージ化」が大切8

テーマ:イメージ化

キーワード:鮮明にビジュアル化するベストイメージとは4

売りたい商品のベストなイメージを繰り返し、訴求することで鮮明にビジュアル化することができる。

食品であれば当然食べている様子をビジュアルに見せるべきであるし、その状況にどのような客層をターゲットにするのかを重ね合わせる。

その瞬間が喜びや幸せの最大になることが条件であることは言うまでもない。

2019-12-05 09:51:33

チラシは「イメージ化」が大切7

テーマ:イメージ化

キーワード:鮮明にビジュアル化するベストイメージとは3

例えば、食品メーカーで食べる瞬間を映像として繰り返し見せるのは、まさに欲求を高めさせ、記憶の奥底に映像を残すためである。

感情と結びつけ、無意識的に映像として記憶されれば、何かのきっかけにその商品が欲しくなったときに思い出し、購買行動へと結びつけるのである。

2019-12-04 09:16:18

チラシは「イメージ化」が大切6

テーマ:イメージ化

キーワード:鮮明にビジュアル化するベストイメージとは2

感情と記憶は結びつきやすいが、それをチラシに生かすとどうなるか。

商品・サービスを購入してまた使用するときの「幸せ」を最大化すればよいのだ。
これを「ベストイメージ」という。

購買心理のブレーキを外すためには、この「ベストイメージ」を具体的に見せることが重要なのだ。

2019-12-03 09:07:53

チラシは「イメージ化」が大切5

テーマ:イメージ化

キーワード:鮮明にビジュアル化するベストイメージとは1

ビジュアル化のために重要なことを鮮明に脳の中でビジュアライズし、更にそれを記憶に残すこと。

記憶のメカニズムは、実は「感情」と結びつくと記憶に残りやすい。

逆に言うと、感情の伴わない記憶は忘れやすいとも言える。

2019-12-02 09:38:34

チラシは「イメージ化」が大切4

テーマ:イメージ化

キーワード:イメージ化とはビジュアライズすること3

イメージ化のためには、行き着くところ「商品+ヒト」の要素が欠かせない。

つまり、リアルに活用しているシーンを用いて、想像をたくましくさせることである。

もはや、商品だけでは想像の手助けが難しいので是非イメージ化をキーワードにチラシつくりを実践して欲しい。

2019-12-01 09:25:41

チラシは「イメージ化」が大切3

テーマ:イメージ化

キーワード:イメージ化とはビジュアライズすること2

消費者は自分が欲しい商品・サービスを常に頭の中で想像している。

不況期になると、そのイメージに対してブレーキがかかる。
その想像の手助けをするのがチラシであり、右脳を刺激するためのビジュアル化が重要である。

より想像しやすいように商品を喜んでいる姿や楽しんでいる姿を鮮明に見せることが大事だ。