『当たるチラシのヒント』ウェブプレス365日語録

当たるチラシにはルールがある。
毎日30秒で、効果的なチラシの作り方をお届けします。

2018-08-18 09:02:22

お客様満足で売れる法則1

テーマ:お客様満足で売れる法則

キーワード:「信用力」で支持されるチラシ集客術1

不安を払拭して信用を得ることが大切です。

消費者は商品・サービスを買うときにたくさんの不安を抱えています。
商品・サービスの価値だけではなく、「品質」「対応」「保証」「評判」という視点からも、買う店、買う商品を選んでいます。

チラシの集客効果を上げるには、このような不安を払拭して、信用を得ることも重要です。

2018-08-17 09:22:51

売れるコトバの法則7

テーマ:売れるコトバの法則

キーワード:「興味」を呼び込むコトバの仕掛け2

●注目性のコトバの仕掛け

小さな工務店の現場見学会。
商品力はあり、チラシの内容も他社と遜色ない中、集客が上手くいっていない場合があったとしましょう。

そこで、チラシのキャッチコピーを「必見」という注目性のコトバが目立つように「必見!二世帯住宅・完成現場見学会」と入れたチラシを折り込んだところ、2倍近い集客があったことを聞いたことがあります。

2018-08-16 09:33:44

売れるコトバの法則6

テーマ:売れるコトバの法則

キーワード:「興味」を呼び込むコトバの仕掛け1

●一瞬で注意喚起するタイトル・キャッチコピー

毎日、新聞にチラシが数十枚も折り込みされている中、自社のチラシを手にとってもらうのは容易ではありません。

そこで、チラシ企画の第一弾として一瞬で自社のチラシに注意喚起するためのタイトル・キャッチコピーが不可欠です。

2018-08-15 09:02:51

売れるコトバの法則5

テーマ:売れるコトバの法則

キーワード:チラシのコピーで消費者心理を誘導5

④「決断」のコピー

消費者に消費行動を起こさせるためには、「権威」「信用」「実績」「メリット」を強調します。
それによって不安を軽減することで、消費行動が起きやすくなります。

このようにコピーはプロセスごとに変えてチラシに入れていきます。

2018-08-14 09:53:09

売れるコトバの法則4

テーマ:売れるコトバの法則

キーワード:チラシのコピーで消費者心理を誘導4

③「欲求」のコピー

チラシの中身の商品・サービスを見てもらうには、商品の魅力を打ち出すコトバ演出が必要です。

「鮮度」「限定」「希少」を強調するコトバを入れることで、魅力が増して、欲求を与えることができます。

2018-08-13 09:27:01

売れるコトバの法則3

テーマ:売れるコトバの法則

キーワード:チラシのコピーで消費者心理を誘導3

②「興味」のコピー

次にチラシを手にとってもらうために、興味を持ってもらわなければなりません。

そこで、メインタイトルの周辺に消費者心理を煽るコピーを配します。

「情」「欲望」「不安」を煽るコトバによって散らしに興味がわいてきます。

2018-08-12 09:12:04

売れるコトバの法則2

テーマ:売れるコトバの法則

キーワード:チラシのコピーで消費者心理を誘導2

①「認知」のコピー

折込チラシはたくさんあります。
その中でまず目に留めてもらわなければなりません。

重要なのは人が反応しやすいコトバをメインタイトルにして強調することです。

それには「警告・注意・命令」をあらわすコトバが重要です。
例えば、「緊急」「速報」「必見」といったコトバを使います。

2018-08-11 09:14:43

売れるコトバの法則1

テーマ:売れるコトバの法則

キーワード:チラシのコピーで消費者心理を誘導1

チラシを作る際、コピーつまり「コトバ」の使い方により集客効果が大きく変わってきます。
コトバがチラシを手に取らせ、購買行動を起こしたりするのです。

消費者心理を掴んだコトバをコピーにする必要があります。

チラシのコピーにもプロセスがあって、認知、興味、欲求、決断というように、消費者心理を誘導することがポイントです。

2018-08-10 09:09:09

集客の基本52

テーマ:集客の基本

キーワード:信用力による集客効果5

③「保証」による不安解消2

中小の会社は、大手に比べて不安と言うハンデがあり、それを克服しなければ集客できない。

だからチラシで商品を訴求するだけではなく、消費者が買いやすくする演出を考えなくてはならない。

2018-08-09 09:32:26

集客の基本51

テーマ:集客の基本

キーワード:信用力による集客効果4

③「保証」による不安解消1

消費者は、買った後に後悔したくない。

責任を取ってくれそうな大手(ブランド)で選びたがる。

消費者がそういった保証について、不安を感じているのであれば、中小の会社はそれを曖昧にするのではなく、しっかり明示してどこよりも詳しく説明することで、不安を解消すればよい。

2018-08-08 09:53:29

集客の基本50

テーマ:集客の基本

キーワード:信用力による集客効果3

②「対応」による不安解消

往々にして大手業者の常識が業界の常識とされている面があるが、それはお客様の常識とギャップがあることが多い。

お客様は、特に業者の「対応の遅さ」「対応頻度の低さ」に不満を感じている傾向がある。
それを解消して集客効果を高める。

2018-08-07 09:27:23

集客の基本49

テーマ:集客の基本

キーワード:信用力による集客効果2

①「Q&A」による不安解消

消費者が初めて物を買うとき、商品や業者の選択基準が分からず、はじめの一歩を踏み出せない。

このような消費者に対しては、悩んでいそうな疑問(Q)に対して、紙面上で応える(A)ことで利用しやすくなる。

2018-08-06 09:40:55

集客の基本48

テーマ:集客の基本

キーワード:信用力による集客効果1

消費者は、商品やサービスを買うとき不安を抱えている。

その価値だけではなく、「品質」「保証」「対応」「評判」という視点からも選んでいる。
チラシの集客効果を上げるためにはこのような不安を払拭することが大いに必要だ。

具体的な策としては、以下のような方法がある。
①「Q&A」による不安解消
②「対応」による不安解消
③「保証」による不安解消

2018-08-05 09:20:35

集客の基本47

テーマ:集客の基本

キーワード:キャラクターの愛着力4

キャラクターの愛着力として、③「スタッフ」キャラクターの愛着力がある。

高額商品になればなるほど、商品だけで選ぶのではなく、プラス人で選ぶようになる。
つまり、「○○さんから、この商品を買いたい」というようになっているのだ。

この人に聞けば気軽に色々教えてくれそうだというキャラクターを打ち出すことで、効果が出るようになる。

2018-08-04 09:05:53

集客の基本46

テーマ:集客の基本

キーワード:キャラクターの愛着力3

キャラクターの愛着力として、②「社長」キャラクターの愛着力がある。

消費者は中小の店から商品を買ったり、サービスを受けることに「不安」を感じる。

だからこそ、中小店は「社長の人柄や考え方」を活用して、信用を得て商売するほうが不安が消せて集客効果を生みやすい。

2018-08-03 09:19:49

集客の基本45

テーマ:集客の基本

キーワード:キャラクターの愛着力2

キャラクターの愛着力として、①「会社」キャラクターの愛着力がある。

硬いイメージ、男臭いイメージの会社は女性にとって気軽に利用するのは抵抗がある。

しかし、ディズニーアニメに出てくるような動物などを会社のイメージキャラクターとして打ち出して、やわらかいイメージにすることができる。

2018-08-02 09:32:51

集客の基本44

テーマ:集客の基本

キーワード:キャラクターの愛着力1

チラシは商品集客、企画集客、イベント集客によって即効性のある集客が見込める。

しかし、毎月チラシを折込むようになると、安定した集客が見込める仕掛けが不可欠になってくる。

それには、商品や企画だけを見てもらうチラシではなく、店(会社)に愛着を持ってもらうような「キャラクター」を活用すると良い。

色々な種類があるが、以下3種類ご参考までに。
①「会社」キャラクターの愛着力
②「社長」キャラクターの愛着力
③「スタッフ」キャラクターの愛着力

2018-08-01 09:15:50

集客の基本43

テーマ:集客の基本

キーワード:商品(サービス)の価値を伝えよう5

④価値の構造解説

商品の価値は、表面よりも中身に詰まっている。

製法や工法、あるいは構造などが、実はお金がかかるところだが、それが伝わらないと消費者は、「なぜこんなに高いんだ」と考え、購入の障壁になる。

そこで、構造などを写真イラストにして、なぜこのようにしているかを説明することで、価値の不安を軽減する。