『当たるチラシのヒント』ウェブプレス365日語録

当たるチラシにはルールがある。
毎日30秒で、効果的なチラシの作り方をお届けします。

2017-06-30 09:16:24

集客の基本14

テーマ:集客の基本

キーワード:タイトルにメッセージ力を3

原則:②売り方のタイトル化

売り方を訴求することで、お客様に興味を抱かせることができる。
特に大きなセールやイベントを催すときに使用すると効果的だ。

例えば、「○○レジにて10%OFF」「大均一祭」などといったタイトルで「何かお得なことがあるのかな」と思わせることができる。
それでチラシを取らせたらこっちのものだ。

2017-06-29 09:05:18

集客の基本13

テーマ:集客の基本

キーワード:タイトルにメッセージ力を2

原則:①「商品」のタイトル化

お店で一番買いたい商品、旬な商品をタイトルにする。

例えば、家具店であれば「学習塾ナンバ―1」中古車であれば「軽自動車49.8万円均一」といったように、ターゲット、商品を絞り込んだタイトルにしたほうが良い。

それにより、買いたいと思っている消費者の目を奪うことになる。

2017-06-28 09:06:26

集客の基本12

テーマ:集客の基本

キーワード:タイトルにメッセージ力を1

当たるチラシを作るためには、ターゲットにしている消費者にたくさんのチラシの中から自社を注目してもらう必要がある。

それにはインパクトのあるタイトルの力が必要だ。

タイトルによって瞬間で消費者の目を奪って興味を抱かせ、手に取らせるためには、思いつきでタイトルを決めてはならない。

チラシのタイトルを決める場合、効果を上げる為には次の4つの原則を当てはめると良い。
原則:①「商品」のタイトル化
原則:②売り方のタイトル化
原則:③メッセージのタイトル化
原則:④信用のタイトル化

2017-06-27 09:21:04

集客の基本11

テーマ:集客の基本

キーワード:「収益商品」と「集客商品」3

手軽に買える低単価の集客商品があると、来店する理由ができる。

例えば、ベットなら収益商品がシングル、集客商品がベットカバーということになる。

集客商品は収益商品出るシングルベットがより機能的になったり、見栄えを良くしたりすることを伝える「セレクト力」が重要になってくる。
ただ、商品をそろえて訴求しても効果は期待できない。

2017-06-26 09:43:43

集客の基本10

テーマ:集客の基本

キーワード:「収益商品」と「集客商品」2

集客商品の商品力強化をすることで、収益商品も効果的に売れる。

とくに高額商品の売上アップは集客商品との相乗効果がポイントとなる。

収益商品というのは、何回も目にすることで欲しくなってくるものである。
しかし消費者心理からすれば見るためだけに来店して販売員に接客を受けるのは引け目を感じてしまう。

2017-06-25 09:34:21

集客の基本9

テーマ:集客の基本

キーワード:「収益商品」と「集客商品」 1

チラシにおける集客においては、「収益商品」と「集客商品」の関係により効果が出るものである。

収益商品が地域でダントツ支持されるためには、「1.3の法則」を実施することが重要である。
これは自社の商品力が「量」または「質」で、他社より1.3倍以上勝るようにすることである。

収益商品は店の業績を左右する生命線である。
瞬間的な業績に振り回されるのではなく、最低でも半年、1年間を通して市場に浸透させなくてはならない。

2017-06-24 09:38:55

集客の基本8

テーマ:集客の基本

キーワード:商品戦略を明快にすること8

商品の売り方:④オプション商品

客単価が低くて売れ個数が少ないため、集客もできないし収益も作れない。

ついで買いをしてもらう位置づけになる。

チラシではこれを掲載することで、収益商品の魅力を引き出すことに繋がる。

2017-06-23 09:06:30

集客の基本7

テーマ:集客の基本

キーワード:商品戦略を明快にすること7

商品の売り方:③集客商品

客単価が低くて売れ個数が多いため、収益がつくれないがお客様を集める位置づけ。

チラシでは競合に勝る目玉力がポイントになってくる。

2017-06-22 09:55:17

集客の基本6

テーマ:集客の基本

キーワード:商品戦略を明快にすること6

商品の売り方:②リピート商品

客単価が高くて売れ個数が少ないため、収益を作るのには不安定な単品。

一度買ってくれた顧客に売る。
そのためチラシに掲載してもあまり効果のない商品である。

2017-06-21 09:06:35

集客の基本5

テーマ:集客の基本

キーワード:商品戦略を明快にすること5

商品の売り方:①収益商品

客単価が高くて売れ個数が多い。
自社の収益を作るグループとして、位置づけられる「収益商品」である。

これで売上を作るので、チラシでは競合に勝る商品力を打ち出すことがポイントになってくる。

2017-06-20 09:24:31

集客の基本4

テーマ:集客の基本

キーワード:商品戦略を明快にすること4

看板商品を明確にしたら、次はその特性を考えた売り方を整理する必要がある。

客単価、売れ個数を軸にして、商品特性を整理すると、次の4つのグループに分けることができる。
それにより、商品の売り方も明確になってくる。
①収益商品
②リピート商品
③集客商品
④オプション商品

2017-06-19 09:10:40

集客の基本3

テーマ:集客の基本

キーワード:商品戦略を明快にすること3

看板商品を決める場合、次のことがポイントになってくる。

・実績があって得意な商品
・競合より勝っている商品
・売上全体の30%を占める商品

看板商品を決めると言うことは、その店の商品戦略を決定することと同じなのである。

2017-06-18 09:27:06

集客の基本2

テーマ:集客の基本

キーワード:商品戦略を明快にすること2

まず商品戦略を決めなければならない。

自店が「何を売るべきなのか」「何を中心に売っていくべきなのか」をハッキリさせなくてはならない。
つまり、看板商品(主力部門)を決めるのである。

家具店であれば、ベットを中心に売る、ベットの品揃えで地域一番になるという具合だ。

2017-06-17 09:35:37

集客の基本1

テーマ:集客の基本

キーワード:商品戦略を明快にすること1

当たらないチラシになりやすいのは「何でも揃ってます」という内容だ。

例えば、家具店。
ベット、ソファー、タンス、学習机、様々な商品がある。
「圧倒的な大きな店」であれば、総合店としての魅力はあるが、中途半端な大きさの総合店というのは「家具の万屋」にしか見えない。
それが、そのままチラシに出ると「強者」に包み込まれて、集客することができなくなる。

つまり、チラシというのは競合店の商品力との力関係によって集客効果が変わってくるのだ。

365日語録

最近の語録一覧

わかりやすいチラシ14
わかりやすいチラシ13
わかりやすいチラシ12
わかりやすいチラシ11
わかりやすいチラシ10
わかりやすいチラシ9
わかりやすいチラシ8
わかりやすいチラシ7
わかりやすいチラシ6
わかりやすいチラシ5

【一覧を見る】

検索


テーマ一覧

集客の基本 (52)
お客様満足で売れる法則 (42)
安さ感の演出 (39)
アイテム (32)
価値訴求 (28)
チラシで安心感を伝える (26)
イメージ化 (23)
ターゲット (20)
キャッチコピー (18)
わかりやすいチラシ (14)
売れるイベントの集客の法則 (10)
当たるチラシとは (10)
チラシのプロになる (7)
売れるコトバの法則 (7)
チラシのノウハウ (6)
物売り発想のチラシが当たらなくなった (5)
当たらないチラシ (5)

カレンダー

今月
2018年05月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

先月

過去ログ

2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月

印刷用語集

印刷通販ウェブプレスの印刷用語集です。印刷・DTPに関する用語をわかりやすく説明しています。