『当たるチラシのヒント』ウェブプレス365日語録

当たるチラシにはルールがある。
毎日30秒で、効果的なチラシの作り方をお届けします。

2017-05-31 09:59:28

わかりやすいチラシ22

テーマ:わかりやすいチラシ

キーワード:オープン価格で集客アップを狙う1

当たる企画は当たらなくなるまで使え、これは販売促進の鉄則である。

ある企画がヒットしたらすぐに別の企画を考えるよりも、ヒットした企画を改良するなどして、当たらなくなるまで使うことが大切なのだ。

2017-05-30 09:09:53

わかりやすいチラシ21

テーマ:わかりやすいチラシ

キーワード:ターゲット訴求が商品価値を効果的に伝える2

最大の商品価値をもっとも認める客とは、どんな人なのかを考え、決めることだ。

最大の商品価値を決め、その価値をもっとも高い評価で認める人は誰なのか。

この順序で、ターゲットを決めていくのが、重要なポイントである。

2017-05-29 09:27:45

わかりやすいチラシ20

テーマ:わかりやすいチラシ

キーワード:ターゲット訴求が商品価値を効果的に伝える1

現代社会は、趣味嗜好や趣味あるものなどが、人それぞれ異なり、個性化が進む時代である。

ということは商品価値も全ての人によって同等に価値があるものとは限らないのだ。

ある人にとっては、価値ある商品も別の人にとって全く価値がないということも増えている。
そうなったときに考えなければならないのは、誰がターゲットになるのかということだ。

2017-05-28 09:21:41

わかりやすいチラシ19

テーマ:わかりやすいチラシ

キーワード:使用価値訴求で商品価値を効果的に伝える1

100個の言葉よりも1回のお試しで、その商品を使っているイメージを訴求することがポイントだ。

これが使用価値訴求である。

使用価値訴求も品質イメージを高めるのに効果的な方法だ。

2017-05-27 09:33:09

わかりやすいチラシ18

テーマ:わかりやすいチラシ

キーワード:プロフェッショナル訴求6

チラシで商品価値を伝える三つ目のパターンは、③プロフェッショナルを自己演出することだ。

たとえば店で扱っている地酒をチラシでアピールするようなときは、白衣を着た職人がテイスティングをしている写真を掲載する。
プロフェッショナルらしさをお客様に強く印象付けることが重要だ。

2017-05-26 09:04:12

わかりやすいチラシ17

テーマ:わかりやすいチラシ

キーワード:プロフェッショナル訴求5

ナンバーワンとして表現できるものを考えることも効果的だ。

「ナンバーワン」というのは、とてもわかりやすい。
例えば、「○○町でシュークリーム売上No,1のケーキ屋さん」でも良い。

ナンバーワンとして表現できる方法を考えるのだ。

2017-05-25 08:40:33

わかりやすいチラシ16

テーマ:わかりやすいチラシ

キーワード:プロフェッショナル訴求4

チラシで商品価値を伝える二つ目のパターンは、②専門家としてアピールできるものを探すことだ。

例えば、表彰された実績はないか、コンテストに出て一番に選ばれたことがないか、町の人気店に選ばれたことがないか。
もし、まだないとしても、こういった表彰をされる可能性のあるものには積極的に出品しよう。

「■■に表彰された○○」というと、品質イメージが高まる。

2017-05-24 08:48:32

わかりやすいチラシ15

テーマ:わかりやすいチラシ

キーワード:プロフェッショナル訴求3

専門店や専門家と言うのは、商品の品質イメージを高める効果があるのだ。

そこに、プロフェッショナリズムを感じるからだ。

人はプロに憧れ、またプロを認めようとする心理的傾向がある。
プロになるには、人並み以上の努力や苦労が必要だと知っているからだろう。

2017-05-23 09:02:44

わかりやすいチラシ14

テーマ:わかりやすいチラシ

キーワード:プロフェッショナル訴求2

チラシで商品価値を伝える一つ目のパターンは、①プロフェッショナルイメージを訴求することだ。

「この道一筋50年」と言われると、商品の品質イメージが高まる。
あるいは「うなぎ専門店」として看板を掲げる店に行くと、うなぎの蒲焼とご飯しかメニューにない。
一品で勝負をしているうなぎ店。

こういった店も商品の品質イメージを高める。

2017-05-22 09:13:11

わかりやすいチラシ13

テーマ:わかりやすいチラシ

キーワード:プロフェッショナル訴求1

商品価値をチラシで伝えるパターンとはどういったものだろう。

よく「会って話せばこの商品の素晴らしさを伝えられるのだが」と考える人は少なくない。
しかし商売のプロならば会って話すまでもなく、チラシでそれができるようにならなければならない。

その際、決して難しいことではなくパターンを理解しておくだけでよい。

2017-05-21 09:11:30

わかりやすいチラシ12

テーマ:わかりやすいチラシ

キーワード:魅力的でいきたくなる イベントの条件2

来場特典の選び方が集客に影響する。

人間は得をするものには興味を示す。
従って集客を考えるときもその感情を利用するのが賢いやり方だ。

しかし、このとき注意しなければならないのは来場特典の選び方だ。
どういったお客様が来るのか?
あるいはどういったお客様を呼びたいのか?

このことを明確にしてから来場特典を選ぶようにしたい。

2017-05-20 09:12:48

わかりやすいチラシ11

テーマ:わかりやすいチラシ

キーワード:魅力的で行きたくなる イベントの条件1

魅力的で行きたくなるイベントの条件は、魅力的な商品とイベントがかけ合わさってできる。

お客様の来場が多い人気イベントは集客が実現できるように仕掛けをしているものだ。

人気イベントの仕掛けとしては、大きく2つのことが考えられる。

まずは他では体験できないイベントをすること。
そして、イベント内容のボリュームを増やすこと。
多くのことが体験できるイベントだと集客効果が高まる。

2017-05-19 09:14:47

わかりやすいチラシ10

テーマ:わかりやすいチラシ

キーワード:商品が魅力的にアピールできているか?5

品質イメージの伝え方は、ビジュアル訴求をするとよい。

つまり、商品を魅力的に撮影してチラシの大半に使ってみる。
あるいは、こだわり訴求でチラシに生産者の声や開発者を登場させる。

どのような思いで作っているのか、あるいはおすすめコメントを載せていくのだ。

2017-05-18 09:06:05

わかりやすいチラシ9

テーマ:わかりやすいチラシ

キーワード:商品が魅力的にアピールできているか?4

品質ではなくて、品質イメージを伝えたいところだ。

はっきり言って今の時代、商品に品質の違いはほとんどない。
違うのは品質イメージだ。

チラシで価値訴求をしていくとき、考えなければならないのは、品質イメージである。
品質を正しく伝えることが、チラシのポイントではない。

2017-05-17 09:04:35

わかりやすいチラシ8

テーマ:わかりやすいチラシ

キーワード:商品が魅力的にアピールできているか?3

商品価値には、大きく「機能性」と「デザイン」がある。

そして、売れる商品には、これまでにはない便利な機能が付加されているか、他にはないデザインなのか、そのどちらかが必ずある。

2017-05-16 09:38:11

わかりやすいチラシ7

テーマ:わかりやすいチラシ

キーワード:商品が魅力的にアピールできているか?2

高い価値を持つ商品があるにも関わらず、集客ができていない、あるいは売上が上がっていないとすれば、それはプロモーションの怠慢である。

住宅会社の中でも、「俺はどこにも負けない建物を造っているのに客がこない。建物のよさを分かってもらえない」などという社長がいるが、はっきりいってお客様は悪くない。

2017-05-15 09:05:14

わかりやすいチラシ6

テーマ:わかりやすいチラシ

キーワード:商品が魅力的にアピールできているか?1

チラシ作りの前に何をしなければならないか、それはズバリ商品力を高めることだ。

魅力がない、あるいは価値がない商品で仮に集客ができたとしても物は売れない。

ビジネスの基本は「商品」である。
そのため、チラシ作りを研究する前にまずしなければならないのは、商品力を高めることだ。

2017-05-14 09:04:08

わかりやすいチラシ5

テーマ:わかりやすいチラシ

キーワード:チラシが飽きられていないか?3

イメージを定着させるための「定番化」と毎回、集客を獲得していくための「新規性」を追求するのが当たるチラシ作りの狙いなのだ。

「定番化」と「新規性」という発想は、他業種のチラシでも認知度のアップと、常に一定の集客を実現するには必要な発想だ。

2017-05-13 09:07:18

わかりやすいチラシ4

テーマ:わかりやすいチラシ

キーワード:チラシが飽きられていないか?2

チラシは「集客」と「店や会社の認知度アップ」の両方を考えていくことが重要だ。

そのために、チラシを見たとき、あなたの会社のチラシだとすぐにわかること。

そして、新しくて魅力的な情報を載せて集客も実現していく。

2017-05-12 09:05:28

わかりやすいチラシ3

テーマ:わかりやすいチラシ

キーワード:チラシが飽きられていないか?1

チラシの狙いは集客だけだろうか、いや違う。

集客をするのと同時に、会社や店の認知度アップにも繋がる。

そのため、チラシには年に1回だけ、あるいは新規のお客様が欲しい時だけ不定期に打つのではなく、定期的に打っていくのがより効果的なやり方となる。

それは集客するのと同時に、会社や店の認知度を確実に高めていく効果があるからだ。

2017-05-11 09:13:59

わかりやすいチラシ2

テーマ:わかりやすいチラシ

キーワード:インパクトあるコピー2

インパクトあるコピーの次に大切なのは、具体化である。

コピーで言っていることを具体化していくべきなのだ。

例えば、小売業ならば品揃えや商品価値を伝えていくことだ。
また、住宅会社などのイベント型チラシの場合はイベントの内容を魅力的に伝えていくことになる。

そして、最後に行動を促す。
チラシを見た人が、あなたの店や会社に行きたくなる、あるいは電話で問合せをしたくなるようにするのだ。

2017-05-10 09:55:31

わかりやすいチラシ1

テーマ:わかりやすいチラシ

キーワード:インパクトあるコピー1

当たるチラシに共通しているのは、「何が言いたいのか?」がズバリ伝わってくることだ。

訴求テーマがはっきりと見えるのが当たるチラシだ。

例えばスーパーのチラシだと、「今日のおすすめは何なのか」あるいは、「今日は何が安いか」を言ったことがズバリわかるというのかどうかということだ。

2017-05-09 09:21:33

大事なのはチラシのインパクト6

テーマ:チラシのノウハウ

キーワード:キャッチコピー6

納得感を与えるには、そのイベントに「大義名分」をつけると良い。

大義名分に関しては、今まで何度かお伝えしてきたので、ご理解頂ける方も多いと思う。

例えば、住宅会社の場合だと、キャンペーンとして次のような企画が考えられる。
「10周年記念!省エネルギー住宅がジャスト1000万円」
この場合なら「10周年記念」が大義名分となる。

2017-05-08 09:04:31

大事なのはチラシのインパクト5

テーマ:チラシのノウハウ

キーワード:キャッチコピー5

キャッチコピーの分類として、一つ目は「新規性が目立つような表現」、二つ目は「商品価値×ターゲット訴求」、三つ目は具体的な「イベント訴求」がお客を呼ぶと言うことだ。

キャンペーンや感謝フェアといったイベント名をタイトルに表現する。

この場合も、当たるコピーとそうでないものがある。
そのポイントは、「納得感があるかどうか?」や「具体的かどうか」あるいは、「賑わい感が感じられるかどうか」である。

2017-05-07 09:05:07

大事なのはチラシのインパクト4

テーマ:チラシのノウハウ

キーワード:キャッチコピー4

お買い得な商品だと思わせるためには、2軸で考えることが必要だ。

つまりその商品の最大の特徴は何なのか?
そして、その商品の特徴をもっとも評価するお客様とはどんなお客様なのか?

その2軸で考えること。
それができたらその二つをタイトルで表現していくようにする。

2017-05-06 09:14:50

大事なのはチラシのインパクト3

テーマ:チラシのノウハウ

キーワード:キャッチコピー3

キャッチコピーの分類として、一つ目は「新規性が目立つような表現」、二つ目は「商品価値×ターゲット訴求」だ。

これはターゲットを想定し、ズバリそのターゲットに対して訴求をしていくものだ。

「あなたにとってお買い得な商品ですよ」と思わせることができれば反応が上がる。

2017-05-05 09:07:51

大事なのはチラシのインパクト2

テーマ:チラシのノウハウ

キーワード:キャッチコピー2

キャッチコピーを分類すると基本的には3つに分かれる。

一つ目は、「新規性が目立つような表現」だ。

人の習性として、新しいものには高い反応を示す。
したがって、新規性を表現する言葉は積極的に使っていきたい。

2017-05-04 09:02:11

大事なのはチラシのインパクト1

テーマ:チラシのノウハウ

キーワード:キャッチコピー1

キャッチコピーは以前も触れたが、繰り返し別の視点からも解説しておこう。
それだけ大事なテーマだ。

まずキャッチコピーの基本中の基本、インパクトである。

ただ、インパクトがあるキャッチコピーなんて無数に存在しそうだし、何を選んだらよいのかわからないわけだ。
そのため、キャッチコピーも分類が必要になってくるのだ。

2017-05-03 09:22:57

当たらないチラシの共通項5

テーマ:当たらないチラシ

キーワード:当たらないチラシのチェックポイント5

当たらないチラシの共通項として、一つ目にインパクトがない、二つ目に分かりづらい、三つ目に商品に魅力がないこと、四つ目にワンパターンであること、最後にイベントの企画に魅力がないことだ。

これも「商品に魅力がない」と同じで、チラシのことではない。

しかし、イベントの集客力を高めていくにはまず魅力的なイベントであることが必要条件だ。
その企画力を高めることもチラシをヒットさせる重要なポイントだ。

2017-05-02 09:20:11

当たらないチラシの共通項4

テーマ:当たらないチラシ

キーワード:当たらないチラシのチェックポイント4

当たらないチラシの共通項として、一つ目にインパクトがない、二つ目に分かりづらい、三つ目に商品に魅力がないこと、四つ目にワンパターンであること。

チラシ作りは「定番化」「新規性」を考えていくことが重要だ。
つまり、チラシを見たとき、貴方の会社や店のものだと、すぐにわかるようにしていくことだ。

しかし、これだけでは飽きられる。
飽きられたチラシというのは、当然当たらない。

今回だけの新しい情報を盛り込んであげることが重要だ。

2017-05-01 09:10:45

当たらないチラシの共通項3

テーマ:当たらないチラシ

キーワード:当たらないチラシのチェックポイント3

当たらないチラシの共通項として、一つ目にインパクトがない、二つ目に分かりづらい、三つ目に③商品に魅力がないことだ。

これはチラシのことではなく、とても重要なことだ。

集客ができないことの原因をチラシだけに求めていると他に解決しなければならない根本的なことがあることもある。
商品に魅力がなければたとえどんなチラシを作っても反響は得られない。